トップ > 終わることのない人工知能の話 > AIは企業を経営できるか

終わることのない人工知能の話IT

AIは企業を経営できるか(7/7ページ)

中島秀之(東京大学 特任教授)×川上量生(ドワンゴ会長) Part.3

2016.12.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AI経営にはさらなる抽象化が必要

中島:そういうのって、玄人っぽくないですか? いろんな情報を総合するわけだから。

川上:つまり、素人の部分も人工知能は玄人的にできるだろうと(笑)。そういうことです。

中島:素人のようにやろうとすると、少しランダムが必要とか……そういう話でいいんですよね。

川上:ランダムっていうか……うーん……ランダムというか、抽象化のレベルを上げて、という話ですよね。

――抽象化のレベルを上げる?

川上:経営の話で言えば、あるジャンルに対する知見があるなしに関係なく「たぶん、これからは介護が伸びる!」とか、それくらいで意思決定しているわけでしょ? そういう感じで、すごく抽象化された情報に対して、投資するかどうかを決めるみたいなことはできますから。

――ビジネスの世界でAIを経営に入れる傾向は、実際に、あるのですか。

川上:経営にAIを入れるのは相当難しいと思います。今の経営者は、いろんな人に会って、人の話を聞いて判断しています。取引先とか、事業所の人たちや社員に話を聞いて、それで「こうやった方がいい」というふうに判断している。情報のインプットが人間とのコミュニケーションをベースにしているから、そのコミュニケーションのベースが機械化、電子化されないと、そこにAIを持っていくことはできないですよ。

――なるほど。

川上:さっき言われていた「どこかの会社はAIで経営判断をやる」という話でも、それはすごく抽象化されたデータで、経営者というよりは「財務諸表をよりよく読めるAI」みたいな、そんな感じのものだと思うんです。実際に経営者の経営判断というのは、人と会ってやっている人がほとんどだと思います。まず、そこの部分が電子化されないと……。

【次回予告】
 AIを経営で活用するために必要なことから、経営者の意思決定の実態など、ビジネス視点でAIの可能性について議論した中島先生と川上先生は、最終回となる次回の対談で、実は、AIはすでに人間や社会に大きな影響を及ぼしているという事実について、示唆に富んだ議論を展開します。

中島 秀之(なかしま・ひでゆき)
中島 秀之(なかしま・ひでゆき)

東京大学大学院情報理工学系研究科 先端人工知能学教育寄付講座特任教授、公立はこだて未来大学名誉学長。1952年、兵庫県生まれ。1983年、東京大学大学院情報工学専門博士課程を修了後、同年、当時の人工知能研究で日本の最高峰だった電総研(通商産業省工業技術院電子技術総合研究所)に入所。協調アーキテクチャ計画室長、通信知能研究室長、情報科学部長、企画室長などを歴任。2001年、産総研サイバーアシスト研究センター長。2004年、公立はこだて未来大学の学長となり、教育と後輩の育成、情報処理研究の方法論確立と社会応用に力を注ぐ。2016年3月、公立はこだて未来大学学長を退任後、同年6月、同大学の名誉学長に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー