トップ > 終わることのない人工知能の話 > AIは5歳の子どもに勝てない

終わることのない人工知能の話IT

AIは5歳の子どもに勝てない(4/5ページ)

中島秀之(東京大学 特任教授)×松原仁(公立はこだて未来大学 教授) Part.4

2016.08.22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーヴィン・ミンスキーの思い出

――先ほどから出てきている「ミンスキー」という人物は、どんな方なんですか?

中島:AIの産みの親の一人で、“AIの父”とも呼ばれている人物です。

松原:私にとっては“AIの神様”みたいな人。

中島:人工知能学会で、追悼特集号を出したよね。

松原:学会誌『人工知能』の2016年5月号に、中島さんと私が追悼記事を書いています。

Marvin Minsky(1927年8月9日 - 2016年1月24日)
米国のコンピュータ科学者、認知科学者で、マサチューセッツ工科大学(MIT)の人工知能研究所の創設者の1人。中島氏は「MIT AI ラボ」に1年間滞在したとき、指導教官でこそなかったが、ミンスキーから直接講義を聞くなど、さまざまな接点を持った。

中島:1978年の夏から1年間、「MIT AI ラボ」にいたんだけど、当時のMITの計算機環境は世界最先端で、インターネットの前身となるARPANETも稼働していた。タイムシェアリングシステムがあって、使える台数も限られていたから、昼間に学生がログインするのは難しかった。でも、午後5時になると、教授はみんな帰っちゃうんだよね。だからそのあと、学生が使ってもいいっていうことで、私はミンスキーのオフィスの端末をずっと使わせてもらっていた。

――ミンスキーは、どんな人物でしたか?

中島:基本的には哲学者です。「知能とは何か?」ということをずっと考えていた。けれど、彼も答えは持っていない。頭のいい人で、シーモア・パパートとの共著『パーセプトロン』のなかで、今のディープラーニングにつながるニューラルネットの限界について言及した。AIに関しては「フレーム理論」が有名ですが、それ以外にはあまり技術的コントリビューションはしていません。

松原:たしかに、AIの技術面では「フレーム理論」くらいですね。

――その「フレーム理論」というのは、先ほどの「フレーム問題」のことですか?

中島:フレーム問題とはちょっとちがう。もっと技術的なことです。ミンスキーがアタックしたのは、たとえば、人間は初めて訪れる部屋に来たとき、ぱっとみて「部屋」だとわかる。ところが、コンピュータ・ビジョンだと、まず、その空間の直線を抽出して、それを組み立てて「これは板だ」とわかって、次に、板に足が4本ついているから「机だ」とわかって……いちいち、そういう順序で認識しなければならない。

――いくつもの「部屋としての条件」の確認が必要になるわけですね。

中島:そうすると、部屋に入っても、机や椅子の数から形まで、全部わかったあとでないと、それが「部屋」だとはわからない。ところが、人間は、入った瞬間に「部屋だ」とわかる。しかし、あとで「椅子は何脚ありましたか?」と尋ねられても、わからなかったりする。それが、今もですが、当時のコンピュータ理論では解決できなかった。それをやりたいがために、ミンスキーは「フレーム理論」をつくったんです。

――人間の認識の能力に迫ろうとしたわけですね。

中島:人間には、過去の経験から習得した知識の枠組み、つまり「フレーム」があって、ぱっと使うことができます。そういった認識方法など、人間の知能がどういう性質を持っているのかを観察し、「知能とは何か」をきちんと見直して、コンピュータとどうちがうのか、ミンスキーは、いろいろと発言していました。

松原:私もミンスキーの講演は何度か聞いたことがあります。当時は、今のパワーポイントとはちがって、OHP(オーバーヘッドプロジェクター)に準備しておいたシートを載せて、それをスクリーンに投影していたんだけど、ミンスキーは、何も描かれていないシートを出してきて、その場でお絵描きするんです(笑)。ミンスキーだからできるけど、ほかの人だったら「準備してないなんて、何? このいい加減な人!」ってなる。ほんと、すごい人だと思いましたよ。しかも、毎回、ちがう話をするんです。

――松原さんも、ミンスキーとは面識があったのですか?

松原:ミンスキーは晩年、よく来日して、はこだて未来大学にも来てくれました。一応、生前に名前と顔を覚えてもらっていたのが、私の自慢です。「おまえは覚えているよ、ヒトシ」って言ってもらえた。研究者をやっててよかったって思いました。酔った勢いで、いくつか質問したこともありました。ミンスキーの前では、私もさすがに緊張するので、シラフではなかなか聞き出せなかった(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー