トップ > 川上昌直の儲けを生み出す「9つの質問」 > 「儲けない商品」で儲けるコストコ

川上昌直の儲けを生み出す「9つの質問」ビジネス

「儲けない商品」で儲けるコストコ(1/5ページ)

2016.02.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成功の秘訣は「何で」「どう」儲けるか?

 現在、日本国内で最も競争が激しい業界の1つとして小売業界を挙げることができます。利益を確保する手法は出尽くし、新たなビジネスモデルが見つからないように思えるのですが、そんな飽和状態のフィールドでもイノベーションを起こすことが可能であることを実証してくれた企業の1つが、コストコホールセール(以下、コストコ)です。

 同社の「利益」を抜粋したナインセルを見てください。「ナインセル」とは、第1回「ジョージ・ルーカス監督は卓越した経営センスの持ち主?」でも述べた通り、9つの質問に対する答えを9つのセルに当てはめて、ビジネスの全体像を俯瞰(ふかん)して「儲けの仕組み」を浮かび上がらせるフレームワークです。

 コストコは、(4)すべての人から(Who)、(5)年会費で(What)、(6)時間を先取りして儲ける(How)という利益構造になっています。なかでも注目したいのが、(5)What(何で儲ける?)と、(6)How(どう儲ける?)です。

 コストコの店舗はすべて会員制です。入会手続きをすませ、年会費を払って初めて買い物ができるシステムです。一般の量販店とは異なり、年会費を運転資金にして大量に商品を買い付け、安く提供することで顧客満足度を高め、その結果、翌年の年会費を支払ってもらえる――。つまり「時間を先取りして儲けている」のです。

コストコホールセールの利益設計
[画像のクリックで拡大表示]

そのビジネスから「儲け」を生み出す 9つの質問
発行:日経BP社


【セミナーのご案内】

新規事業を生み出し、既存事業を変革させる!
ナインセル超実践セミナー」受講者募集中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】トレンドアイ

  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー