ナショジオ式自由研究 親子でできる たのしい科学実験

著者:カレン・ロマノ・ヤング
監修:滝川 洋二 (ガリレオ工房理事長)
ページ数:144ページ
出版社:日経ナショナル ジオグラフィック社
定価: 2376円
出版日:2016年06月17日

購入先
Amazon ▽BP書店

夏休みの終盤でアタフタしないために

 子どもたちには嬉しい夏休みの到来だ。しかし、大人たちの中には、気が重いという人もいるようだ。それが、夏休みの宿題、中でも自由研究だろう。もちろん、宿題は子どもがやるもの。子どものことと放っておけばいいと思うが、最近は親も一緒になってテーマ探しに躍起になることも珍しくない。

 この記事を読んでいるみなさんの中にも、小学生のお子さん、甥御さん姪御さん、お孫さんをお持ちのかたがいるかもしれない。親や年長者が、小学生の宿題を手伝うことの賛否は別にして、夏の大きな悩みの一つをスッキリさせてくれるのが、今回紹介する『ナショジオ式自由研究 親子でできる たのしい科学実験』だ。全編漢字にはルビが振られ、実際の実験時の写真も豊富。小学生でも読めるし、実験の概要はわかるだろう(実験するときは、親などの年長者は必ず立ち会ってほしい)。

 しかも、それぞれの実験には、実験にかかるおおよその時間も明示されている。短いものは、準備を入れても1日でできる。言ってみれば、夏休みの最終週に慌てない、転ばぬ先の杖だ。「書店に行けば似ている本はたくさんあるし、Webで検索すればヒントもいくらでもある」という声が聞こえてきそうだが、この本には類書とは違う特徴がある。

 目次を見ると「植物」「虫と微生物」「人と動物」「水のはたらき」「いろいろな反応」「いろいろな力」「工作」という7章に分かれている。子どもが興味を示す身近な題材が多く、猫や犬などペットと一緒に実験できるものもある。でも、これだけでは特段珍しくは見えない。

 目を引くのは個々の実験のほうだ。「コオロギのトレーニング」「猫のIQテスト」「踊る砂糖」「着衣スイミング」「ダイエットコーラ vs コーラ水中の戦い」――。どれもとても楽しそうで興味津々だが、いったい何を調べようというのかタイトルだけで言い当てるのは難しい。