トップ > 10分で理解! ビジネス書ダイジェスト > 辞める前に一読! 会社員でも起業家のように働く方法とは?

10分で理解! ビジネス書ダイジェストビジネス

辞める前に一読! 会社員でも起業家のように働く方法とは?(1/6ページ)

『会社を辞めないという選択 会社員として戦略的に生きていく』

2016.06.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社を辞めないという選択 会社員として戦略的に生きていく

著者:奥田 浩美
ページ数:196ページ
出版社:日経BP社
定価:1512円
出版日:2015年02月09日

購入先
Amazon ▽BP書店 ▽Kindle ▽日経ストア

要約者レビュー

 会社に勤めている人にとって、その会社を辞めるという決断はとてもエネルギーの必要なことなのではないだろうか。その決断を自ら下して新天地に向かう人は、会社に居続ける人からは輝いて見えるものである。そのとき、自分に向かって、「このまま会社にいて本当にいいのか、本当に自分のやりたいことは何なのだろうか」と問いかける問題意識を持った人にとって、本書は温かいまなざしで励ましの言葉を与えてくれる。

 タイトルだけみると、会社を辞めずに安定した立場でいることを肯定するような内容だと想像するかもしれない。だが、本書は安定のためではなく、組織を巻き込み、社会に影響を与えるために、積極的に会社員として生きていくことを主張している。

(写真:PIXTA)

 著者は会社員、社内ベンチャー立ち上げ、起業家という様々な立場を経験したことをバックボーンとして、会社員にこそ必要な「スタートアップ」の精神や、チームづくりの秘訣についてわかりやすく述べている。そういったことは、実は会社員かそうでないかにかかわらず、社会で仕事をしていく上ではどんな立場の人にも必要な視点のはずだ。

 会社を辞めようかと悩んでいる後輩に対して、人生の先輩から温かいアドバイスをしているかのような印象のある本書だが、それだけに終始するのではなく、「社会をよりよくする」というビジネスの本質についても考えさせられる良書である。

著者情報

奥田 浩美(おくだ・ひろみ)

株式会社ウィズグループ、株式会社たからのやま代表取締役。
鹿児島県生まれ。インド国立ボンベイ大学(現州立ムンバイ大学)大学院社会福祉課程修了。
1989年、国際会議の企画運営会社に入社。1991年、ITに特化したイベントサポート事業を設立。主にMacworldやWindows World、Interop、Google Developer Dayといった大型プライベートショーの事務局として、運営に携わる。2001年、株式会社ウィズグループを設立。IT系大規模コンファレンスの事務局統括・コンテスト企画などを行う。2013年には株式会社たからのやまを設立。徳島県、鹿児島県の限界集落に高齢者のタブレット使用のサポートを行う拠点を設け、高齢者との共同製品開発事業を開始。2014年より、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)の未踏IT人材発掘・育成事業の審査委員を務め、若い世代の新たなチャレンジを支援している。これまでに携わったITイベントの数は300以上。のべ動員数は10万人以上。数億円規模のイベントをいくつも成功に導いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー