トップ > コラム > 「留職」という冒険に出掛けよう

「留職」という冒険に出掛けよう

今、特定非営利活動法人(NPO法人)クロスフィールズが手掛ける「留職」プログラムが企業から熱い視線を集めている。留職プログラムとは、企業の社員を新興国のNPO法人に数カ月間派遣し、本業のスキルや...

プロフィール
荻島 央江(おぎしま・ひさえ)
 ライター&エディター。埼玉県生まれ。食品販売会社在職中に映画紹介・評論記事の執筆活動を開始。2002年からフリーランスとなり、情報誌や女性誌などで取材・執筆を手掛ける。...
詳しく見る
荻島 央江(おぎしま・ひさえ)

 ライター&エディター。埼玉県生まれ。食品販売会社在職中に映画紹介・評論記事の執筆活動を開始。2002年からフリーランスとなり、情報誌や女性誌などで取材・執筆を手掛ける。現在はビジネス誌を中心に活動しており、「日経トップリーダー」や「日経メディカルオンライン」などに執筆。著名経営者へのインタビューや中小企業のルポを得意とする。著書に『ジャパネットからなぜ買いたくなるのか?』『「社長、辞めます!」』(ともに日経BP社)がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと見る

  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー