訪日ビジネスを成功へ導く
最新記事とマッチングサービス
詳しくはこちらのページへ

 訪日中国人の現状を見ると、団体旅行客と訪日回数が初めての人が多いのが特徴です。人口の多い中国ですから、初めて日本へ団体旅行に出かける傾向が続くと思いますが、今後は次第に個人旅行やリピーターが増え、旅程や行動が多様化していくのは確実です。

 とはいえ、すでに個人旅行で複数回日本を訪れている中国人は多く、筆者周辺にも「日本大好き!」という友人が少なくありません。中国の家庭で旅行の行き先や買い物の決定権はやはり女性にあります。中国人個人旅行者の志向を理解するため、個人旅行で日本を複数回訪れている女性の友人3人にインタビューをしてみました。今回はそのやり取りを紹介したいと思います。

「子供連れの海外旅行にはとても良い」

 最初は、以前外資系広告会社に勤務し、現在はフリーの仕事をされている王穎静(ワン・インジン)さん。王さんは家族での日本旅行を本にして出版しています。タイトルを日本語訳すると『大きな手と小さな手をつないで――浪漫日本行き』。そこには日本で見聞したこと、感じたこと、そして家族の笑い声などが綴られています。王さんは台湾への旅行記も出版しています。

王穎静さん、手にするのは家族で体験した日本旅行についてまとめた著書
[画像のクリックで拡大表示]

――訪日回数は?
「2回。2回とも個人旅行です」

――日本のどこに行きましたか。
「東京、鎌倉、箱根、大阪、京都、奈良」

――なぜ旅行先として日本を選択したのですか。
「子供連れの旅行だから。日本は飛行機に乗っている時間も短いし、時差もほとんどありません。フードストレスも少ないし、街の案内が漢字表記なので大体分かるのも便利。安全で公共の設備も整っているし、子供連れの海外旅行の選択としてとても良いと思う」

Next:「「言葉が最大の問題」」