部下の提案や意見はすべて却下

 ここまでされても黙るしかないのも、会社員なのかもしれませんが、私には理解しがたいものがありました。打ち合わせをしていた、30代の社員は部長のことをこんなように話していました。

「あらゆることを掌握し、仕切らないと気がすまないみたい。部下が意見を言ったり、企画を出したりすると、いろいろな理由をつけて認めない。部署のあり方などに問題提起をする、前向きな男性社員を徹底して狙う。自分よりも上に上がろうとする者を認めない、といった雰囲気を部長はいつも漂わせて、威圧し、抑えつけようとしているみたい。優秀な部下に、実は自分は取るに足りない人間なんだ、と感じ取らせるように仕向けているようです」

 もう1人の、30代社員はこんなことを話していました。

「自分が正しい、と思うものこそが価値あるものであり、それを素直に認めない部下の提案や意見はすべて却下する。その理由も説明しない。それでも、意見を言え、とか、企画を出せ、と指示する。それで新たに意見を言えば、さっそく否定する。企画もまた、理由を説明することなく、潰す。この繰り返しをする。挙げ句に、部下のこういう試みや努力を、上司である自分に対しての挑戦と位置付けて、必死にヒステリックに反応するのです」

 私には、この部長の日々の姿がリアルに浮かんできました。ここからは、私の考えです。この部長のようなタイプは必ず「君のためを思って…」「あなたのことを思うからこそ…」と言います。このあたりの口ぐせを突破口に、部下の心理的なテリトリーに侵入してきます。

 なぜ、こういう言葉を使うのでしょうか。

 おそらく、自分のホンネ、つまり、部下を潰してやろうという魂胆が見透かされることを警戒しているのでしょう。恣意的に、わざとみんなのいるところで、あなたを指導しているという演出をしているのです。