ずっと「心に引っかかっていたこと」

 四半世紀以上、ずっと「心に引っかかっていたこと」がある。

 「あの、北海道の御一家は、いまどんな風にお過ごしだろうか……」

(写真:PIXTA)

 1989年夏。大ブレーク中の俳優、渡辺謙さんが白血病のため超大作映画の主役降板というニュースが大きく報じられた。

 治療の決め手は「骨髄移植」だというが具体的にはどういうものか。当時私が司会を務めていたラジオ番組で、実際に移植を体験された方にお話を伺おうとスタッフ総掛かりで新聞の縮刷版をひっくり返し、ようやく探し当てたのが北海道にお住まいのAさん御一家だった(ネット検索はまだ一般的ではなかった)。

 突然の、失礼千万な電話にも関わらず、お母様は快く番組出演を引き受けてくださった。

お母様:「2歳の娘が白血病と診断されまして、助かる道は骨髄移植しかない。まずは適合する骨髄をと、真っ先に私たち夫婦を調べましたが適合せず。親戚縁者からも適合者はでません。知人や、その他多くの方が協力の手をさしのべてくださいましたが、結局適合者は見つかりませんでした……。そうする間にも娘の容態はどんどん厳しくなっていきました」

 この頃お母様は二人目のお子さんをお腹に宿していた。程なく元気いっぱいの男の子誕生となったが、一家で手放しに喜べる状況では全くなかったという。

 弟さんは日を追うごとに成長を遂げていく。その一方でお姉ちゃんには死の影が迫ってくる。育児と看病に忙殺される日々。何とも言えない複雑な思いで過ごしていたお母様がある日「ひょっとして……」と弟くんの骨髄を調べてもらうことにしたのだそうだ。

 すると何と、弟の白血球はぴたりお姉ちゃんの型と適合するでは無いか!

 医師たちの地域を越えた連係プレーでもたらされた最先端医療技術も功を奏し、手術は大成功!お姉ちゃんは奇跡的に助かったのだ!