トップ > 梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」 > 余市、前橋、熊谷の読み方は? 発音は「地元アクセント」でいいじゃない!

梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」ライフ

余市、前橋、熊谷の読み方は? 発音は「地元アクセント」でいいじゃない!(4/4ページ)

2016.11.24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつのかサラリと「地元放送局アクセント」で言える日が…

 岩手県大槌は、先の東日本大震災の報道で、我々は何度もその名をニュースで聞くこととなってしまった。

 改めて辞書で引いてみた。

おおつち「大槌」(地名・岩手)
(全国共通アクセントは、平板で)オーツチ
地元放送局では「《オ》ーツチ」も使う

 「より身近に寄り添いたい場面」では「地元放送局アクセント」も、ありだ。

 新人アナウンサー時代公開録音の収録でしばしば伺った、八木橋デパートのある「埼玉県熊谷」の記述はこうだ。

くまがや「熊谷」(地名・埼玉)
ク《マ》ガヤ
地元放送局では「クマガヤ(平板アクセント)」も使う

 当時のアイドル(八代亜紀さんや、藤圭子さんたち)を招いての屋上イベントに集まったたくさんのお客さんを前に、「ク《マ》ガヤの皆様、ようこそ!」と元気いっぱい叫んだとき、「ここは、ク《マ》ガヤじゃなくて、クマガヤ(平板アクセント)だ!」と会場を埋め尽くした陽気なお客様の中から鋭くツッコまれ、たじたじだった若き日の自分の姿を思い出した。地元アクセントが使えなくては、「つかみがOK」となるわけがないと、今さらながら反省だ。

友人:「このあたりでは、古くからの人と、僕らみたいにちょこちょこ東京から週末出掛けてくる別荘族は、清里という地名の発音を聞けば即座に判別できる」

 清里に山小屋を持つ友人の言葉も改めて「なるほど」と思えたのは、新辞典にある以下の記述のせいだ。

きよさと「清里」(地名・山梨)
キ《ヨ》サト
地元放送局では(平板アクセントで)キヨサト

 縁あって山梨の地元放送局で週1日生放送をしている私は、「全国共通アクセント」。相方の「地元出身の女子アナ」は、確かになるほど「地元放送局アクセント」だ……。地元に溶け込めるのはごく自然に、さらっと平板な「キヨサト」が言えるときかも知れない。

 「あれもダメ、これも誤り」とダメだしばかりする偏屈な辞典より、「そういうのも、アリですね」とやさしく教えてくれる「アクセント新辞典」。癒やされちまうなあ……。

(写真:PIXTA)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1.ヨシ2016.11.24

    栃木方言といっても、北部と南部では違うのです。
    栃木(とち《ぎ》)は北部、南部は(とちぎ)平板アクセントになります。

  • 2.teft2016.11.24

    おおちゃんの大槌、大好きです。

あなたの意見を表明してみませんか? ログイン or 会員登録 でコメント投稿ができます。

コメント投稿に関するご注意
日経BP社は、読者の皆様からの投稿の内容につきまして、その信頼性、適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合も、日経BP社は一切、責任を負いませんので、皆様の自己責任においてご利用ください。
トラブルを避けるためにも、ご自身を特定できる情報を書き込まれないことを強く推奨いたします。
投稿していただいたコメントは、編集部が査読した上で公開します。即時公開はされません。また、明らかな間違いや不適切な表現があった場合、原文の意図を損なわないと思われる範囲内で変更をさせていただく場合があります。内容がふさわしくないと判断した場合、公開後でも削除する場合があります。
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー