トップ > 梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」 > 吉田類さんに学ぶ、常連客のいる店で新参者はどうあるべきか?

梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」ビジネス

吉田類さんに学ぶ、常連客のいる店で新参者はどうあるべきか?(1/6ページ)

2016.01.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「吉田類の酒場放浪記」と久々の再開

 2015年10月26日にスタートした、在京民放のキー局5社による公式ポータル「TVer(ティーバー)」。その評判は色々あるようだが、私はありがたく利用している。

 このサイトは、言ってみれば「見逃し番組配信サービス」。デジタル音痴の私でも、スタッフにインストールしてもらったスマートフォンのアプリをワンプッシュするだけで、録画する手間もなしに約50本の番組が視聴できる。しかも無料で見放題だ。

 NHKのオンデマンド+WOWOWオンデマンドと合わせ、ドラマからバラエティーまで、多くの最新番組を寝入る間際のベッドの中。iPadで“鑑賞”するのが、私のお楽しみとなっている。

 TVerのおかげで「吉田類の酒場放浪記」と久々の再会を果たせたのもラッキーだった。10年以上前、BS放送が今ほど一般的ではなかった頃スタートした番組が、リニューアルやアップデートを感じさせない“あの時のまんま”で放送されていた(デジタル対応など実際には色々変わっているのだろうが……)。

 「今風な細かいカット割り」や「過剰な演出」がないのが良い。「家庭用のビデオカメラと酒好きなおじさんがいたら、自分でも作れそう」--なんて気分にさせてくれるほど、素朴な番組作りが今に引き継がれていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー