トップ > ロジカルシンキングの達人になる > 最短時間で議論をまとめるには? ~押さえておくべき三つの「条件」

ロジカルシンキングの達人になるビジネス

最短時間で議論をまとめるには? ~押さえておくべき三つの「条件」(1/5ページ)

2016.10.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いきなりですが「議論をまとめる」のは得意ですか? 参加者それぞれが熱心に発言している。お互い聞く耳を持たないわけでもない。決める気はもちろんある。でも、なかなか収束しない。それぞれの言っていることはうなずける内容だが、どうも話がかみ合わない。堂々巡りのまま時間が経っていく。議論が発散して訳が分からなくなってくる。だいぶ焦点が絞れてきたと思ったら、両立しない意見が最後の二つとして残り、どちらも譲らない――。

 こういう状態に陥らずにうまく議論をまとめるには、どうしたらいいのでしょうか? 今回はこのテーマについて考えてみたいと思っています。そもそも、この「まとめる」という言葉が曖昧かつ人によって違うことをイメージしていそうで“くせ者”ですね。ここでは、

・本来の目的を果たす意思決定にたどりつくこと
・参加者全員がある程度、納得していること
・なるべく短時間で成し遂げること

を満たすものと定義します。つまり避けたいのは、

・一応みんな「Yes」と言ったが、本来の目的は果たせない妥協の産物になる
・目的を果たす結論にはなったが、納得せず動かない人たちがいる
・やたらと時間がかかる

ことです。なお、

・そもそも決めたくない(リスクを取りたくない)
・思惑が全然違う(私利私欲とか)ので決まらない

というケースについては、また別の機会に考えたいと思います。

 今回は、みんな「決めたい」「良い結果を出したい」と思っているが、うまくいかないというケースを考えます。実際、こういうケースはたくさんあり、それが原因で仲が悪くなって「あいつらは自分たちのことしか考えていない」となってしまうこともよくあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー