トップ > ビジネスを生み出すクリエイティブなチームの作り方 > 素早く失敗せよ! リーダーが導く「上手な失敗」の仕方

ビジネスを生み出すクリエイティブなチームの作り方ビジネス

素早く失敗せよ! リーダーが導く「上手な失敗」の仕方(1/3ページ)

2015.11.30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「素早く失敗せよ!」…米国では社是とするベンチャー企業も

 とある西海岸のベンチャー企業を訪れた時、オフィスの入り口にデカデカと「FAIL FAST!」と掲げられていたことがありました。言ってみれば、「素早く失敗せよ!」と、社員に失敗することを勧めているのです。

 面白いなぁと思っていろいろ調べてみると、このスローガンを掲げている企業は少なくなく、有名なグーグルの元会長エリック・シュミット氏もこんなふうに語っているといいます。すなわち、「FAIL FAST, FAIL CHEAP, FAIL SMART」。日本語だと、「素早く失敗しよう、損害の少ないうちに失敗しよう、賢く上手に失敗しよう」ということでしょうか。

 この考え方のバックボーンには、「ずっと失敗しないビジネスなんてあり得ない」という知恵があります。チャレンジングなプロジェクトであればあるほど、小さな失敗はつきものです。であれば、素早く失敗して、大規模予算という大きな痛手を追わずに、言ってみれば賢く上手に失敗することで、全体としてのサクセスにつなげていこう。そんな考え方です。

 多少の失敗が避けられないものであるならば、失敗の仕方を知って、失敗を上手にマネジメントした方が良いですものね。

失敗を恐れるな。上手な失敗が次の成功へつながる(写真:xiangtao/PIXTA)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】トレンドアイ

  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー