トップ > 財部誠一の「ビジネス立体思考」 > 財部誠一:三菱自動車に出資を決めた日産カルロス・ゴーンの野望

財部誠一の「ビジネス立体思考」ビジネス

財部誠一:三菱自動車に出資を決めた日産カルロス・ゴーンの野望(1/5ページ)

2016.06.06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資本の論理を超えたゴーン流経営

「世界一に決まっているじゃないですか」

 日産自動車の電撃的な三菱自動車への出資決定。そこにはカルロス・ゴーン社長の“トヨタ越え”への執念があるという。日産幹部の証言だ。

「トヨタ、フォルクスワーゲンを追い越し、世界一の経営者と認められたいというのがゴーン社長の本音です」

 2005年、ゴーン氏は日産の親会社であるルノーの社長を兼務した。その瞬間、資本の論理を超えたゴーン流の日産・ルノーアライアンス経営が始まった。

 翌2006年、ゴーン氏は業績不振に喘いでいたGMとの提携交渉に乗り出し、一気に「世界一」を目指したが、残念ながら交渉は決裂。野望はついえたが、それから10年、再び「世界一」への足がかりをつかんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー