用語集

記事一覧

ファシリティマネジメント(FM)

 ファシリティマネジメントとは、建物や不動産の保有、運用、維持などを経営資源として最適化する手法である。日本ファシリティマネジメント協会では「企業・団体などが保有、または使用する全施設資産およびそれらの利用環境(ファシリティ)を、経営戦略的視点から総合的かつ統括的に企画、管理、活用(マネジメント)する経営活動」と定義している。Facility Managementを略して「FM」と呼ばれることも多い。

 同協会ではFMに期待される効果として以下の5つを挙げている。

  1. 不要・不足・不適当な施設の使われ方が明らかになり、経営にとって最適なファシリティのあり方が示される
  2. ファシリティの改善によって、経営効率が向上する
  3. 施設関連費用(施設投資・施設資産・ファシリティコスト)を最小に抑えることができる
  4. 顧客、従業員、利用者にとって快適・魅力的な施設が提供できる
  5. 省エネルギーを実現し、コスト低減とともに環境問題に効果的な解決手段を提供できる

この記事のURL http://www.nikkeibp.co.jp/article/tk/20150214/435538/