トップ > 経営改革の巨人たちが残した名言 > 名言:「ホットドッグは、原価がいくらであろうと5クローネで売ることに意義がある」(イングヴァル・カンプラード IKEA創業者)

経営改革の巨人たちが残した名言ビジネス

名言:「ホットドッグは、原価がいくらであろうと5クローネで売ることに意義がある」(イングヴァル・カンプラード IKEA創業者)(1/3ページ)

2013.12.20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イケア名物、100円のホットドッグ

 スウェーデンスタイルの家具・インテリア販売で日本でもすっかり定着したイケア(IKEA)。廉価な組み立て式家具を世界中で売り出す一方、店内レストランで提供するスウェーデン料理も各国に浸透している。1本5クローネ(日本では100円)のホットドッグもイケアの名物だ。

 イケアは2004年、スウェーデン国内で「日常食品輸出企業」の賞を受けている。「スウェーデンのミートボールとコケモモジャム添え」などのスウェーデン食品を世界に広めた功績がたたえられたのだ。

 イングヴァル・カンプラードによって創業されたイケアは、1973年にスイス・シュプレイテンバッハに海外初店舗を出して以来、世界展開を急速に進めた。ヨーロッパだけでなく北米、オーストラリア、シンガポール、さらには南米、中国、日本へと、次々に出店を果たしていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー