トップ > 経営改革の巨人たちが残した名言 > 経営の巨人たちの名言:「いま現在のIBMにもっとも必要ないものはビジョンだ」(ルイス・ガースナー)

経営改革の巨人たちが残した名言ビジネス

経営の巨人たちの名言:「いま現在のIBMにもっとも必要ないものはビジョンだ」(ルイス・ガースナー)(1/3ページ)

2013.03.06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1993年7月27日、米IBMのルイス・V・ガースナー会長兼最高経営責任者(CEO)が開いた記者会見は異色の内容だった。通常、企業トップはビジョンを熱く語ることが求められるが、ガースナーはそのビジョンを封印したのだ。

ビジョンに振り回される愚かさを強調

 「皆さんに申し上げたいのは、いま現在のIBMにもっとも必要ないもの、それがビジョンということだ。たったいまIBMに求められているのは、各事業についての冷徹で、市場動向に基づく実効性の高い戦略だ。つまり、市場での実績を高め、株主価値を高める戦略だ。われわれは現在それに取り組んでいる」(ルイス・ガースナー『巨象も踊る』より)

 もちろん、ガースナーにビジョンがなかったわけではない。後述するようなさまざまな改革については、記者会見でも方向性を明示している。ガースナーが強調したかったのは、ビジョンというものに振り回されることの愚かさだった。

 前任者であるジョン・エイカーズの後を継ぎ、1993年4月1日、ガースナーは会長兼CEOに就任した。当時のIBMは、旧来のメインフレームに固執し、急成長するパソコンを中心としたクライアント・サーバ型製品で大きく出遅れていた。「IBMは7年でつぶれる」と言われるほどだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー