トップ > 特番 > 竹中平蔵「複合連鎖危機」時代の経済リテラシー学

竹中平蔵「複合連鎖危機」時代の経済リテラシー学

「複合連鎖危機」を乗り切るには政治家、メディア、国民のすべてが経済リテラシーを高め、問題の本質を見極めることが大切だ。強い日本と強い日本企業を取り戻すため、財政再建から企業経営のあり方まで幅広く...

プロフィール
竹中 平蔵(たけなか・へいぞう)
 1951年、和歌山県生まれ。経済学博士。一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発銀行入行、81年に退職後、ハーバード大学客員准教授、慶応義塾大学総合政策学部教授などを務め...
詳しく見る
竹中 平蔵(たけなか・へいぞう)

 1951年、和歌山県生まれ。経済学博士。一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発銀行入行、81年に退職後、ハーバード大学客員准教授、慶応義塾大学総合政策学部教授などを務める。2001年、小泉内閣の経済財政政策担当大臣就任を皮切りに金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。04年参議院議員に当選。06年9月、参議院議員を辞職し政界を引退。
 現在、東洋大学国際地域学部教授、慶應義塾大学名誉教授。公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、株式会社パソナグループ取締役会長などを兼職。
 主な著書に『大変化 経済学が教える二〇二〇年の日本と世界』 (PHP新書)『バブル後25年の検証』(東京書籍、編著)など多数。

  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー