このページの本文へ


スロートレーニングの「筋肉パンパン」効果は、意外と大きかった!

スロートレーニングの「筋肉パンパン」効果は、意外と大きかった!

2010年09月01日 総合RSS  はてな

 前編では、スロートレーニングがなぜ効率的に筋肉をつけ、生活習慣病予防に効くのか、その理由と実践法を、近畿大学の谷本道哉講師に訊いた。

 そこで今回は、より実践的に筋トレを継続させるコツについて、さらに突っ込んだ内容を語ってもらった。

文/松田尚之
編集/漆原次郎、連結社
写真/佐藤類

スロトレで、「引き締まり」「盛り上がり」を実感!

 ゆったりした動きの印象以上に、実際にやってみるとキツさを実感するスロトレ。楽しみながら継続するには、どのようなことを心掛ければいいでしょうか?

谷本道哉 近畿大学生物理工学部人間工学科講師

 「レクリエーション性があるスポーツに比べると、筋トレは面白くないですよね。たとえばテニスだったら、すごいスマッシュが決まったとか、試合に勝ったとか、いろんな喜びがある。筋トレにはそれがありませんから。ただ、筋トレには筋トレなりの、長続きのコツがあるんですよ」(谷本道哉講師)

 長続きのコツとは、いったいどんなことでしょう?

 「競技スポーツの選手以外で筋トレを始める人の動機は、たいていダイエットとかシェイプアップだと思います。女性の間で筋トレが注目されるようになったのも、美容への関心からですし。実際、筋トレをきちんと行えば、必ずスタイルは良くなります。変化していく自分の体を見る楽しさは、筋トレならではの継続のモチベーションになるんです」(谷本道哉講師)

 なるほど、たしかに体が引き締まっていく様子が自覚できたら、やる気が湧いてくるというもの。それが結果的に健康づくりにつながるのなら、こんなに素晴らしい一石二鳥はないわけで。でも、本当にそんなにはっきり効果が現れるものなんですか?

 「個人差がありますが、体型に目に見える変化が現れるまで、2か月程度は掛かるでしょう。とはいえ、そこに到るまでにも確実に筋肉はついてますから、ぜひ頑張って続けてください。実はスロトレは、“体が変化していく様子”を、とてもよく実感できる筋トレ方法なんですよ」(谷本道哉講師)

ページ: 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 /

この連載のバックナンバー