トップ > 夏原武「隣は詐欺師」――ついに来た「すぐそばに詐欺師」の時代 > 夏原武:国の助成金を狙って詐欺師が暗躍する。NPO法人を看板にして不正受給に手を染めることも

夏原武「隣は詐欺師」――ついに来た「すぐそばに詐欺師」の時代ライフ

夏原武:国の助成金を狙って詐欺師が暗躍する。NPO法人を看板にして不正受給に手を染めることも(1/6ページ)

2012.10.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 長引く不況対策として国が行っている施策は様々あるのだが、とりわけ中小企業への助成は大切だとされている。

 日本の企業全体のうち中小企業の割合は実に99.7%も占める 。したがって中小企業の経営状態は日本経済に大きな影響を及ぼすのである。

雇用助成金を不正受給し詐欺総額は1億8000万円

 施策のひとつに「中小企業緊急雇用安定助成金」がある。これは、事業主が経営状況の悪化などで休業や出向措置を行った際に休業手当や賃金の一部を助成するもの。その狙いは、当然ながら失業予防を目的としたものである。

 緊急カンフル的な趣が強い施策で、いずれも上限はあるものの、およそ5分の4程度を受給することができる。

 その受給制度を狙った詐欺がさっそく起きている。

 国の雇用助成金の不正受給事件で、大阪府警は5日、ペーパーカンパニーを使って助成金約1千万円を詐取したとして、大阪市中央区、自称自由業の筒井弘志容疑者(66)ら府内の男女6人を詐欺容疑で再逮捕した。詐取総額は約1億8千万円に上るとされ、府警は裏付けを進める。
(朝日新聞電子版 2012年10月6日)

 実際には存在しない会社、存在しない従業員をでっち上げて不正受給したわけで、この手の犯罪はたびたび起きている。いや、もっとはっきり言えば、こうした国による助成制度ができた場合、必ず起きているのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー