トップ > 細野透 「危ない建築」と「安全な建築」の境目を分けるもの  > 南海トラフ巨大地震を上回る「最悪の地震」とは何か

細野透 「危ない建築」と「安全な建築」の境目を分けるもの 建設

南海トラフ巨大地震を上回る「最悪の地震」とは何か(1/4ページ)

2012.10.03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国の存亡にかかわる巨大地震

 「国の存亡にかかわる巨大地震」として、強く警戒されているのが、南海トラフの3連動地震である。

 中央防災会議は2012年7月19日、「南海トラフ巨大地震対策」に関する中間報告を公表。駿河湾から九州沖に延びる海底溝を震源域とする南海トラフ地震は、東海・東南海・南海の3連動になった場合、30メートルを超える巨大津波と、震度7という壊滅的な強震動をもたらすとした。

 その想定「震源域」を示す。2003年の想定震源域だった黄色エリアは、今回、黒色エリアへと、一気に拡大した。

[画像のクリックで拡大表示]

 次に想定「波源域」を示す。2003年の想定波源域だった黄色エリアは、今回、黒色エリアおよび赤色エリアに拡大した。波源域とは、津波の発生につながる地殻の動きが起きる領域のことだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 続いて、中央防災会議は8月29日、「南海トラフ巨大地震の被害想定」に関する第1次報告を公表。最悪のケースでは死者約32万人、倒壊・焼失建物が約239万棟、約1000平方キロが浸水するとした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー