トップ > 防犯住宅 防犯を強化して「安心できる」住まいに! こうして見直そう > センサーライトにカメラで監視、でも泥棒の侵入が携帯電話に“生中継”されたところでどうする? ──けん制だけではダメ、「モデルハウスのような家」に物理的な防犯対策を伝授する

防犯住宅 防犯を強化して「安心できる」住まいに! こうして見直そう建設

センサーライトにカメラで監視、でも泥棒の侵入が携帯電話に“生中継”されたところでどうする? ──けん制だけではダメ、「モデルハウスのような家」に物理的な防犯対策を伝授する(4/10ページ)

2012.03.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

監視カメラは外に向けたほうがいいのか、窓に向けたほうがいいのか

 1階リビングのフルオープンになる大きな窓は、レバーハンドルで開閉する仕組みで、3つの窓が横に連なったもの。ダブルロックにレバーハンドルという造りなので、外からガラスを割って侵入するにしても、よくあるクレセント錠付きの引き違い窓のように簡単にはいかない。

 「外から開けられないように、いっそのこと3つのレバーハンドルを室内側で連結してしまおうかとまで考えているんですよ」

 心配のあまりそこでまで考える大滝さんに対して、甘利氏は「せっかくデザインに配慮しているのだから、よく考えて対策したほうが良いと思います。防犯性だけでなく、居住性や意匠性をバランスさせて考えてください。防犯のために暮らしているわけではありませんから」とアドバイス。

 大滝さんは監視カメラの向きも気になる様子だ。窓のほうに向けるのがいいのか、それとも、その外に位置する庭に向けるのがいいのか……。現在は窓のほうに向けられていて、窓付近の様子をとらえるように固定されている。

 監視カメラの様子を確認した甘利氏は「カメラの向きは問題ないでしょう。いまのままでも十分にけん制効果は見込めると思います」と指摘する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー