トップ > 防犯住宅 防犯を強化して「安心できる」住まいに! こうして見直そう > 防犯意識した「ハリネズミ注文住宅」+「ホームセキュリティ」に「アナ」はないのか? ――意外な弱点はなんと「排水パイプ」

防犯住宅 防犯を強化して「安心できる」住まいに! こうして見直そう建設

防犯意識した「ハリネズミ注文住宅」+「ホームセキュリティ」に「アナ」はないのか? ――意外な弱点はなんと「排水パイプ」(4/8ページ)

2012.02.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和室の掃き出し窓の見通しが悪くならないようフェンスを設けなかった

 1階にはLDKの奥に和室もある。この部屋には、掃き出し窓と高窓。もっとも高窓は、天井近くに確保した横に細長い固定窓だから、侵入される恐れはまずない。侵入口として最もよく使われる掃き出し窓のほうは、どうか。

 造りはLDKの掃き出し窓と同じ。防犯サッシにペアガラスで、外にシャッターが取り付けられている。窓の向こうには隣の家。視線をやや右に向けると、車の通る表通りの様子もよく見通すことができる。

 敷地の向こうは、人一人通れるほどの幅を持つ赤道。その向こうに、車1台分の空き地、その先に隣家と続く。青柳さんは「敷地と赤道との間は、見通しが悪くならないようにあえてフェンスなどでふさぎませんでした」と説明する。

 この判断が良かったのだろう、和室の掃き出し窓には隣家からも表通りからも人の目が届く。甘利氏は「隣の家のリビングでしょうか、隣家の窓がちょうどこの掃き出し窓と向かい合っています。ここは泥棒も狙わないでしょう」と診断する。

 さすがに気を使っただけあって、1階から侵入される恐れはまずなさそうだ。いったん外に出て、建物の周囲をぐるっと回ってみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー