トップ > 防犯住宅 防犯を強化して「安心できる」住まいに! こうして見直そう > 新築なのに「防犯貧弱」。劇的改善を狙う ――「いちばん危ない窓」にはシャッターがいいのか? 面格子か? その「結論」

防犯住宅 防犯を強化して「安心できる」住まいに! こうして見直そう建設

新築なのに「防犯貧弱」。劇的改善を狙う ――「いちばん危ない窓」にはシャッターがいいのか? 面格子か? その「結論」(1/9ページ)

2012.01.24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1階の窓はシャッターを面格子に変えたほうがいいかも……

1階の大きな窓の外にはシャッターが設置されている。

 シャッターがいいか、面格子がいいか――。今回、防犯診断にうかがう鹿野さん(仮名)は、1階の窓の外に設置するものとしてどちらが適切か、悩んでいる。

 共働きなので日中は留守にしている。夕方、保育園からお子さんを連れて帰ってきたら、2階リビングで2人で過ごす。その間、1階の窓を開け放って空気の入れ替えを図りたい。しかし一方で、誰もいない1階の窓を開けたままにしておくのは心配でもある。

 現在、1階の大きな窓の外にはシャッターが設置されている。しかし、窓を開けておくなら、それを面格子に取り替えたほうがいいのかも……。鹿野さんはそう考えている。

 居住環境や家の造りは防犯面からどのように評価できるのか、防犯性を高めるにはどのような策を講じるといいのか――。防犯診断を担当する専門家、セコムIS研究所の甘利康文氏とともに、鹿野さんのお宅を訪ねる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー