トップ > 防犯住宅 防犯を強化して「安心できる」住まいに! こうして見直そう > 「デザイン重視」に惚れて購入した中古住宅。「デザイン重視」=「泥棒に弱い」法則を跳ね返す「防犯対策」を、どうやって見つけたのか

防犯住宅 防犯を強化して「安心できる」住まいに! こうして見直そう建設

「デザイン重視」に惚れて購入した中古住宅。「デザイン重視」=「泥棒に弱い」法則を跳ね返す「防犯対策」を、どうやって見つけたのか(3/7ページ)

2011.11.29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せめて補助錠を取り付けたい

外階段で1階から上がれる2階のベランダはダイニングとキッチンと面している。

 まず2階に相当するフロアにあるダイニングとキッチンをチェックする。このフロアにはベランダが設けられている。ベランダに通じているのは、ダイニングが掃き出し窓で、キッチンが勝手口ドアだ。このベランダは、表通りに面した外階段から上がることができる。

 ベランダの周囲は外壁面と同じように覆われているが、階段の上がり口付近だけはオープンになっている。

 ダイニングの掃き出し窓は20年以上前に建てられたことから、通常の1枚ガラスとなっている。サッシはあまり見掛けないもので、固定窓に片引き窓を組み合わせたもの。左手の1枚だけを開け閉めできる。

 甘利氏はベランダ内に潜むことのできる造りを警戒して、「ガラス全体を防犯仕様に取り替えるにはコストが掛かるから、せめて補助錠を取り付けたいところです」と指摘する。

ダイニングの掃き出し窓の上部に補助錠を付けることを勧める甘利氏。

 ところが、片引き窓であることから、2枚とも開閉する引き違い窓を前提にした補助錠は取り付けられない。

 通常の補助錠を試そうとしたことがあるのか、奥様からもそれを訴えられると、甘利氏は「この窓にも取り付けられるタイプの補助錠も売っています。それを、サッシの上部に取り付けてください。そうすれば、泥棒はベランダ内で立ち上がって作業する必要があるので、周囲から見つかりやすくなります」とアドバイスする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー