トップ > 防犯住宅 防犯を強化して「安心できる」住まいに! こうして見直そう > 「1か月で2回も泥棒が入った家」。「味を占めた泥棒の再訪」が疑われる住宅の防犯弱点を調べてみると……!?

防犯住宅 防犯を強化して「安心できる」住まいに! こうして見直そう建設

「1か月で2回も泥棒が入った家」。「味を占めた泥棒の再訪」が疑われる住宅の防犯弱点を調べてみると……!?(1/10ページ)

2010.10.06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

取材直前、2度も泥棒被害に!

 わずか1か月の間に立て続けに2度も泥棒に入られたら、悟りの境地に達しているはずの僧侶といえども、さすがに気が気ではないだろう。今回防犯診断に訪れたのは、400年余の長い歴史を持つお寺さんだ。広大な敷地内に、本殿と住居としても使用している客殿と離れが点在している。また、本殿と客殿は間に扉のある通路でつながっている。

 ご本尊を置く本殿以外のふたつの建物には、僧侶である日高さん(仮名)のご家族、お母様と妹さんとがそれぞれ暮らす。

 周囲が取り立てて物騒というわけではない。

 診断を担当する専門家、セコムIS研究所の甘利康文氏によれば、市内の泥棒認知件数は多いものの、それは市域が大きいから。世帯数に対する割合で見ると、必ずしも多くはない。日高さんの寺でも過去に泥棒被害はあったが、それはいわゆるさい銭泥棒の類くらいだった。

 それが取材直前に2度にわたって泥棒被害に遭ったのだから、日高さんが驚くのも無理はない。それも、泥棒が入り、心配になって本コーナーの防犯診断に応募、取材が決まって訪れる直前に2度目の被害に遭ったというのだから、恐ろしい。この連載でもいろいろ泥棒にやられたお宅を見てきたが、取材前のわずかな時間で狙われたケースは初めてだ。

 調べてみるともっとも、寺はもともと泥棒に狙われる危険度の高い建物と言えるようだ。甘利氏は「寺はまず、墓参りだの趣味の撮影だの、不特定多数の誰が入ってもあまり怪しまれない環境です。たとえ周りに人が居ようとも、不審者を気にする「警戒の目」にはなりにくいということです。泥棒は、寺の関係者の目だけを気にかければ済むのです」と指摘する。

今回の被害には無関係だったが、敷地にはこうした「道具」が無造作に置かれている。泥棒の道具にもなり得るので注意が必要だ。このはしごは、自転車のチェーンロックなどで普段は塀や木にくくっておきたい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー