このページの本文へ

「貧困ビジネス」+「詐欺」のダブル悪党登場! 振り込め詐欺をはるかに凌駕する「高齢者詐欺」も猛威をふるう。そのカラクリを全部書く!

2010年 6月17日

「貧困ビジネス」+「詐欺」のダブル悪党登場!
 

 悪質な詐欺が増えている。これまでは振り込め詐欺がその代名詞であったが、いまや、それを超える可能性を秘めた新たな手口が横行しているのだ。

 ひとつは「貧困ビジネス詐欺」、そしてもうひとつが「高齢者詐欺」である。今回は、今後増加傾向にあり、また、被害者が社会的弱者や高齢者であるという緊急性に鑑みて、このふたつの詐欺を取り上げたい。

 まずは「貧困ビジネス詐欺」。

 これは貧困層を対象にしたもので、景気低迷の中で誕生したものだ。根源にあるのは「貧困ビジネス」。そもそも「貧困ビジネス」自体に問題が山積しているのが現状だ。

 たとえば「無料宿泊所」というものがある。本来は社会福祉施設としての認定を受ける必要があるのだが、それを避けるため小規模化しているケースが目立つ。

 この「無料宿泊所」、事業認可も受けずに、勝手に困窮者を集める。そして入居者に生活保護申請をさせる。それでまあ、宿泊所側がなんだかんだと生活保護費の7割近くを抜く形にしてある。

 これは法令に反しているだけではなく、生活保護というものをあたかも「収入」として考えているところがおかしな話だ。

ページ: 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 次へ

?????