トップ > 親野智可等 激動の時代を「生き抜ける」子供の育て方 > 「兄弟ゲンカ」の上手な「収め方」。「上の子だから」や「兄弟間の比較」は禁物。「兄弟仲」をよくするために知っておくべき「親の心得」とは。

親野智可等 激動の時代を「生き抜ける」子供の育て方ライフ

「兄弟ゲンカ」の上手な「収め方」。「上の子だから」や「兄弟間の比較」は禁物。「兄弟仲」をよくするために知っておくべき「親の心得」とは。(4/9ページ)

2010.05.17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仲のよい時にほめる、写真を活用するのも有効
 

 次に、兄弟が仲よくしているときに、それを見逃さずにほめるのもいい方法だ。

 例えば、お兄ちゃんが弟の落としたものを拾ってくれたときとか、弟の荷物をもってくれたときなどに、「ありがとう。お兄ちゃん、頼りになるね」「弟に優しくしてくれてありがとう」とほめる。

 親は、このようなほめるチャンスを見逃してはいけない。それを見逃しておいて、けんかのときだけ叱っても仕方がない。

 写真を活用する方法もある。

 兄と弟が仲良く写っている写真を壁に貼っておくと、自然に「ボクたちは仲がいい」「お兄ちゃんはやさしい」「弟はかわいい」という意識が心の底に生まれてくる。

 いい写真はいいイメージを育ててくれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー