トップ > 「お金」見直し応援隊 不況に負けない「お金の管理・運用」は「この手」で > 「住宅エコポイント」には期限がある! エコポイントで「損する人」「得する人」の違いとは!?

「お金」見直し応援隊 不況に負けない「お金の管理・運用」は「この手」でライフ

「住宅エコポイント」には期限がある! エコポイントで「損する人」「得する人」の違いとは!?(1/9ページ)

2010.04.09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どのようなケースで住宅エコポイントはもらえるのか?
 

 以前、住宅エコポイントを上手に使う「コツ」をお伝えした

 2010年3月8日より申請受付を開始した「住宅エコポイント」は、新築住宅の購入だけではなく、既存住宅も対象となるので、うまく利用したい制度だ。

 これについては多くのWebサイトで情報が発信されているが、それぞれの立場で必要な部分だけ抜粋されているケースが多く、全体像がわかりにくい。そこで、今回は利用者の立場から、メリットや活用方法について整理してみたい。

 制度概要などについては、様々なパンフレットなどで情報が取得できるので、エコポイントの対象となる工事内容についてだけ簡単にまとめておく。

住宅エコポイントの対象になる工事とは?
[画像のクリックで拡大表示]

 住宅エコポイントの対象となる工事内容などの詳細については、『住宅エコポイント事務局』で確認できるので、そちらも確認してほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー