トップ > 親野智可等 激動の時代を「生き抜ける」子供の育て方 > 我が子に最適な学習方法はコレだ! 子どもの性格別・学力別に見た「塾」「通信教材」「家庭教師」のメリット・デメリット

親野智可等 激動の時代を「生き抜ける」子供の育て方ライフ

我が子に最適な学習方法はコレだ! 子どもの性格別・学力別に見た「塾」「通信教材」「家庭教師」のメリット・デメリット(5/6ページ)

2010.03.04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭教師の利点は個別対応、学生教師は指導力不足も
 

 家庭教師はマンツーマンなので、その子に応じた指導を行えば、学力が伸びる可能性がある。従って、学力の低い子を伸ばす学習効果が期待できる。

 デメリットは費用がかかることだ。また先生と子どものウマが合うかどうかも大きい。いくら、気にくわないからといって物を交換するように何度も替えるわけにはいかない。

 友だちとの切磋琢磨はできないが、自己管理能力をうまく身につけさせると、家庭学習の習慣が身につく。

 マンツーマンなので、学力の低い子やおとなしい子も安心して質問できる。ただし、ベテランの先生はいいが、学生教師は費用が安い分、指導力が足りない。

 勉強のできる子が家庭教師になることが多いので、わからない子がなぜわからないのか理解できないことも多い。

 こうしたデメリットを考えると、個別指導や少人数指導の塾も考慮の対象だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー