トップ > 細野透 「危ない建築」と「安全な建築」の境目を分けるもの  > 超高層マンションの長所と短所(中編)──住みこなすには「タフさ」が必要

細野透 「危ない建築」と「安全な建築」の境目を分けるもの 建設

超高層マンションの長所と短所(中編)──住みこなすには「タフさ」が必要(1/7ページ)

2009.11.18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エレベーター利用に伴う「行動の制約」

 前回は超高層マンションの長所を説明した。今回は、その短所を大きく7つのグループに分けて説明する。第1が、縦方向の移動手段をエレベーターに頼らざるを得ないための「行動の制約」である。

 超高層マンションの販売広告では「最寄り駅から徒歩5分」などと記載される。しかし、実際には、これに、マンションに入りエレベーターに乗って、住戸にたどり着くまでの「数分間」を加えなければならない。

 マンション評論家の碓井民朗氏によると「マンションのエレベーターの適正台数は、住戸50戸当たり1台とされ、小数点以下は三捨四入される」という。すると、次のような台数になる。

 住戸数が65戸まで──エレベーター1台
 70戸~115戸  ──エレベーター2台
 120戸~165戸  ──エレベーター3台

 このように、住戸数が65戸だとエレベーターが1台しかないため不足感が強く、70戸だと2台あって逆にゆとりを感じることになる。すなわち、わずか5戸の差が、大きな影響を及ぼすのである。

 次に、エレベーターの速度は年代と機種によって様々だが、最近の製品では、高さ20階(約60メートル)だと分速60~120メートル、高さ40階(約120メートル)だと分速120~240メートル程度であることが多い。これを分かりやすく表現すると、1階から最上階まで、ノンストップで動くと30~60秒程度で移動する計算になる。

 しかし、エレベーターが最寄りの階に待機しているとは限らないので、その待ち時間を加えなくてはならない。また、通勤・通学時にはいっせいにエレベーターのボタンを押すため、エレベーターは各階停止状態になり、実際にはスピードは大幅にダウンする。20階から乗って、1階おきに10秒ずつ停止したとすると、1階まで3~4分かかることになる。

 ラッシュ時に不利になるのは低層階の人たちで、1回素通りされてしまうと、2~3分は待たなくてはならない。人によって差はあるが、エレベーターを2分以上待つと「ずいぶん長いなー」と感じるといわれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー