定着するまで待つ親の忍耐も必要
 

「自分が決めたことだからがんばろう」という意欲にもつながる。また、自分で決めたということでプライドもかかってくる。

 学年が上がれば上がるほど、自分で決めさせる方法は効果的だ。ぜひ、一度試してみて欲しい。

 もちろん、子どもが選んだ時間帯にやらせればすぐうまくいき出すとは限らない。なぜなら、自分のことがよく分からないのが人間の常だからだ。したがって、試行錯誤の期間が必要になる。

 そのときは、親の方にもかなりの忍耐が必要になる。だが、考えてみれば、大人も朝型にしてみたり、また夜型に戻したりというように試行錯誤をしているのだ。だから、親には子どもを見守りつつ待つ忍耐が必要なのだ。