防犯住宅 防犯を強化して「安心できる」住まいに! こうして見直そう

不況になると、犯罪は増える。特に注意が必要なのは、あなたや家族を狙う、詐欺や空き巣など。これらは、どんなに注意して危険から遠ざかっていたとしても、「向こうからやってきてしまう」ものだからだ。本連載では、防犯のプロが読者の自宅を訪問して、「防犯上の弱点がどこにあるのか」診断し、「どこから強化すべきか」「どのように強化すべきか」「コスト最小で最大の防犯効果を上げるには」といった改善点を指南する。取材先のお宅はこのページにて常時募集中なので、「近所で空き巣被害が生じていて不安」「自宅に泥棒が入ったので、改善したい」「近所の治安が不安」などという方は、ぜひ申し込んでみてほしい。取材させていただければ、必ず効果を上げます。

プロフィール

甘利 康文(あまり・やすふみ)セコムIS研究所 セキュリティコンサルティンググループグループリーダー

 慶応義塾大学工学部計測工学科卒業、同大学大学院修士課程修了。セコムIS研究所入社。その後、米国マサチューセッツ工科大学メディア研究所客員研究員を経て、セコムIS研究所セ...

詳しく見る

甘利 康文(あまり・やすふみ)セコムIS研究所 セキュリティコンサルティンググループグループリーダー

 慶応義塾大学工学部計測工学科卒業、同大学大学院修士課程修了。セコムIS研究所入社。その後、米国マサチューセッツ工科大学メディア研究所客員研究員を経て、セコムIS研究所セキュリティコンサルティンググループ創設と同時にグループリーダー就任。鎌倉女子大学家政学部非常勤講師。
 著書に『こんなときどうするの?—図書館での危機安全管理マニュアル作成の手引き』」(共著 日本図書館協会)、『朝日新聞ホームページ アスパラクラブ「住まい安心術」』『セコムが教える 防犯プロのアドバイス』(日経BP社)。

記事一覧

Most Read
記事ランキング