昨年末に並行して開催された国連気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)および京都議定書第6回締約国会合(CMP6)のうち、 前回 はCMP6での「京都議定書延長問題」について論じたので、今回はCOP16の決定内容について触れた上で、筆者の見解を述べることとする。