トップ > 佐藤信正の「すぐ効く仕事のコツ」 > 気分が沈んだ時は「威風堂々」。元気のもとになるクラシック

佐藤信正の「すぐ効く仕事のコツ」ビジネス

気分が沈んだ時は「威風堂々」。元気のもとになるクラシック(1/2ページ)

2010.02.22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
元気が出る定番のクラシック曲、エルガーの行進曲「威風堂々」(Amazonリンク))は各種CDでも購入できる。これはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団版。
勝利者気分の曲を集めたウィンニング・クラシック(Amazonリンク)もCDでも購入できる。

 沈んでいる時、自分でも元気がないなという時、これを聞けば気分が盛り上がるという定番の曲をお持ちだろうか。人によって音楽の好みは違うし、世代によってなじめない曲もある。

 自分が若い時代に聞いた元気な曲を聴いて若さを取り戻すのもいいが、クラシック音楽にも元気の出る曲がいろいろある。

 有名なのは、エルガー作曲の行進曲「威風堂々」だろう。民主党の小沢一郎幹事長が困難に沈みがちだった時、同じく民主党の川上義博参院議員が元気を出してほしいと手渡したCDが「威風堂々」だった。小沢氏はこれを移動中の車のなかで聞いて元気を回復したらしい。

 「威風堂々」のCDは各種販売されている。iPodで聞くならエルガー「威風堂々」を含んだ「威風堂々風(iTunesリンク)」が同趣向の音楽を揃えている。

 聞いていると、王様や勝利者のように堂々と闊歩(かっぽ)したい気分になる。いかにも元気回復用だ。13曲入り900円だが、iTunesなので気に入った曲だけ選んで購入してもよい。似た趣向には「ウィンニング・クラシック(iTunesリンク)」もある。こちらは15曲入り900円だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】トレンドアイ

  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー