トップ > 発想コロコロ塾(仮) > 【22】人生設計をスターで測る

発想コロコロ塾(仮)ビジネス

【22】人生設計をスターで測る(1/3ページ)

2009.11.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

師匠にいきなり「おまえは人生設計してるか」と聞かれた。
そんなことを言うタイプじゃないので、ちょっと笑って「急に何ですか」と聞き返すと、すこし怒った顔である。
「ふざけるんじゃない。人生設計だ」
「師匠。師匠はふだんから大きい言葉を使うヤツは信用するなって言うじゃないですか」
「そうだ。愛とか正義とか命とか希望とかメタとか勝利勝利とか、そんなことを言うやつは、言葉が絞れない馬鹿か、躁状態の詐欺師だ」
「そのデンで言うと、人生設計ってのも、そうとう大きな言葉じゃないですか?」
「まあそう言うな。もう、われわれは信用する・信用しないを見極める時期ではないだろう」
「そうですが」
「そうだ。そういうふうにツールは時期によって使い分けねばならん。だから人生においても、どのタイミングでどういうことをやるのかが大切だとは思わんか?」

「うーん」
「おまえは、何年生きるつもりだ?」
「え?」
「いつ死ぬ?」
「いや、そう言われても」
「100歳か」
「そこまでは、どうでしょう」
「まあ、100まで生きるとしよう」
「はい」
「いま何歳だ」
「44歳です」
「じゃあ、まだ半分過ぎてないな」
「そうでしょうか」
「人生というのは星だ」
「また大きい言葉で、大きな譬えを」
「聞け。真ん中に自分が在る」
「このぐりぐりが自分ですね」
「その自分をぐるっと回る星のように我々は生きる」
「星のように?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー