トップ > 日経ビジネスアソシエ最新号の読み方 > 日経ビジネスアソシエ 2009年9月15日号

日経ビジネスアソシエ最新号の読み方ビジネス

日経ビジネスアソシエ 2009年9月15日号

(2009年9月1日発売)

2009.09.01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代ビジネスリーダーのための情報誌

2009年9/15号の目次


特集

「低予算・高コスパ」で成果10倍!

(イラスト:タテノカズヒロ)

マル得 自己投資術

 今号の巻頭特集のテーマは「お金の使い方」です。給料の減少傾向が鮮明になる中、多くのビジネスパーソンは生活費切り詰めなどの対応を迫られています。しかし、減収の危機への備えは、それだけで十分とは言えない。仕事を通じた成長を目指すなら、懐が寂しい中でも自己投資を継続することが不可欠です。そこで、特集では限られた資金で自己投資の成果を上げる方法、考え方を伝授します。

 そもそも皆さんは、どれだけ高い意識を持って自分のお金を管理していますか。少しずつでも確実に収入の伸びが期待できる時代なら、それほど神経質にならなくても、普通の暮らしをして自己投資が続けられるかもしれない。しかし、今はお金の使い道を「生活のための消費」「単なる浪費」「成長のための投資」にきちんと分類し、支出に占めるそれぞれの割合を明確な意思でコントロールしていく発想が必要です。

 その上で、「投資」に関しては“コスパ(コストパフォーマンス)”を徹底的に追求していく。「この本は本当に買う必要があるのか」「同じ1万円を払うならセミナー受講より効果的な勉強法があるのではないか」「今、自分が取得を目指している資格はキャリアアップや収入増にどれだけつながるか」――。記事ではこうした視点で、より高コスパな自己投資の方法を具体的に紹介します。これをぜひ身につけて、ライバルに差をつける強力な武器として活用してください。

日経ビジネスアソシエ編集長 村上広樹

特集

企画、メモ、タスク管理、プレゼン、ブレスト…

もっと使えるマインドマップ

 脳の働きに合った思考ツールとして愛用者が増えている「マインドマップ」。ビジネスパーソンでその存在を知らない人は少ないだろうが、正しい使い方や効能がきちんと理解されているとは言い難い。

 100年に1度と言われる経済危機に直面する中、過去のビジネスモデルや、今までと同じ仕事のやり方では成果が出なくなりつつある。そんな状況を打破するカギは、あなたの脳の中に埋もれている新たな発想である。マインドマップを使って自分なりの“答え”を導き出す力を鍛えよう。

ロングインタビュー
(写真:鈴木愛子)

真っ先に休暇の日程を決め
「ベターワーク・ベターライフ」を実践

桐山一憲氏
P&Gジャパン社長

ニュースのキーパーソン
(写真:ロイター/アフロ)

“革命”を起こし続けるカリスマ
病と闘いながら信念貫く

スティーブ・ジョブズ氏
米アップルCEO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー