壁を使ってできる肩コリ防止のストレッチ

 それでは、壁を使って手軽にできる肩コリ防止の呼吸ストレッチにチャレンジしてみましょう。

【姿勢】体2つ分ぐらいのスペースを空けて壁の前に立ち、足を肩幅くらいに開く。肩甲骨の動きを意識しながら、バンザイをするように真っすぐ上に両手を伸ばし、お尻を突き出す感じで前傾して、ゆっくりと壁に手をつく。この時、膝を軽くゆるませて、指先の力を抜く。

【動作1】息を吐きながら、壁を3秒間しっかり押して、
【動作2】息を吸いながら身体をゆるめて3秒間休む。

 この動作を3セット繰り返す。

 いかがでしたか。呼吸を十分に意識できたでしょうか。次回は、イスに座ったままでできる肩コリ防止のストレッチ法を紹介します。

(構成・文/佐藤小百合)

佐久間 俊行氏
Toshiyuki Sakuma

1980年東京都生まれ。一撃グループCEO(最高経営責任者)。武道家。国際空手道連盟極真会館総本部正指導員。18歳で極真会館に入門し、日本代表としてチェチェン共和国で行われた試合に出場するなど、競技選手として活躍した後、27歳で引退。28歳でフィットネスクラブ、カフェなどを展開する一撃グループ最高経営責任者に就任。現在、渋谷・恵比寿を中心にプロアスリート、エグゼクティブ、トップモデルのパーソナルトレーナーとしても活躍中。独自に考案した効果抜群のトレーニングプログラム『一撃メソッド』は、フィットネスクラブ一撃の大ヒットプログラムとして注目を集める