トップ > Associe インタビュー > 「草食系ビジネスマン」は、これからの社会に必要な人材

Associe インタビュービジネス

「草食系ビジネスマン」は、これからの社会に必要な人材(1/5ページ)

『草食系ビジネスマンのストレスフリー仕事術』著者に聞く

2009.07.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「誠実で優しく、仕事に対して真面目」「お金や出世、成功をガツガツと求めない」「周囲との調和を大切にしている」――。こんなタイプの男性ビジネスパーソンを、精神科医で作家の奥田弘美さんは「草食系ビジネスマン」と名づけている。

 厳しい不況で企業も人も余裕を失っている今、草食系ビジネスマンは職場で辛酸をなめていそうな印象を持つが、実際はどうなのだろうか。

 奥田さんは「確かに、草食系ビジネスマンは優しい性格ゆえに、職場のストレスを抱え込みがち。しかしその長所を生かせば、もっと楽に仕事を続けていけるようになる」と語る。奥田さんの新著『草食系ビジネスマンのストレスフリー仕事術』には、その具体的な方法論が提示されている。

 草食系ビジネスマンが、この弱肉強食の世界をサバイバルするための方法とは? 「草食系ビジネスマンを元気づけたい」という奥田さんに話を聞いた。
(取材・構成/藤井 マキコ)

草食系ビジネスマンはワークライフバランス重視

――最初に、草食系ビジネスマンとは具体的にどんな男性なのかを教えてください。今、話題になっている「草食系男子」との違いはありますか?

『草食系ビジネスマンのためのストレスフリー仕事術』(草思社)
草食系ビジネスマンが最も能力を発揮できる働き方や、人間関係のストレスから身を守る方法など、草食系がサバイバルするためのテクニックを伝授している。

奥田:基本ラインは、草食系男子と同じです。ただし草食系男子は、「恋愛にガツガツしない」「女性を友達にできる」など、主に恋愛面での特徴を挙げられていますよね。草食系ビジネスマンは、その特徴を、恋愛面ではなく「仕事面」で捉えています。

 草食系ビジネスマンの特徴は、「成功」「お金」「地位」という今までのビジネスマンが目指していたものをガツガツ求めすぎないことです。仕事に対しては、「自分の身の丈に合って、そこそこ楽しめて、心地よく取り組めること」を重視しています。

 また、仕事だけではなく、「家庭やプライベートも人生にとって大切」と考えていて、バランス型人生を好みます。

――草食系ビジネスマンは、「ワークライフバランスを重視するビジネスマン」ということでしょうか。

奥田:その通りです。「家庭やプライベートを犠牲にしてまで、お金や成功を求めなくてもいい。他者との競争で勝つことに喜びを求めるよりも、自分の身の丈に合った仕事を楽しみつつ、ほかのこともしっかり楽しみたい」。それが彼らの基本的なスタンスです。

 そして、人生のキーワードは「心地よさ」や「安定」。ガツガツ貪欲に上に上がっていこうとすると、どうしてもハイリスク・ハイリターンになってしまう。それよりは、手堅く、自分の身の丈にあったものをうまく使って楽しむ人生にしたいと考えているのでしょう。私は、そんな草食系ビジネスマンの「バランス型人生志向」にとても共感しています。

 草食系男子も基本はそこにあるのではないでしょうか。無理して異性を振り向かせたりしないし、自分に興味を示してくれる人とつき合えたらいいと考えている。貪欲さではなく、心地良さを求めているのでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー