• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

渡邉美樹の「快答乱麻」WEB版

【16】どんなに働いても、給料が上がりません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Q
どんなに働いても、給料が上がりません。
今の会社で頑張るべきか、悩んでいます。

不動産コンサルティング会社で、物件管理・運営提案をしています。この不景気で土日出勤も多く、平日は終電まで働いていますが、残業代は出ず、上司に給与アップを交渉しても断られます。学生時代に一度挫折した公認会計士の勉強を再開するか、今の会社で頑張るか、悩んでいます。
(不動産コンサルティング・営業企画、27歳、男性)

 あなたなりによく頑張っているのだろうとは思います。

 しかし、「給与のアップを交渉しても断られてしまう」というのは、あなたはそこで断られるぐらいの評価であるという意味でしょう。「給料をいくら欲しい」と社員に言われて、経営者が「そんなに出せません」と答えるのは、普通に考えれば、「それ以上出さなくてはいけないなら、あなたを雇わない」というメッセージです。

 あなたは一生懸命に仕事しているのでしょうが、恐らく会社はあなたが自分で思っているほどには認めてくれていない。その現実を踏まえたうえで、自分はどうすべきかを考えてみたらいいのではないでしょうか。

 まず今いる不動産コンサルティング会社で必要とされる人材になることが大切ではないかと私は考えます。一度や二度、給与交渉をして断られたから、昔一回やって諦めた公認会計士の勉強をまた始めるという生き方がいいのかどうか。正直、私は疑問に思います。

 会社の給料とは、交渉するものではないと思います。相手が勝手に引き上げてくれるものです。自分が「ちょっと安い」と思う時には、経営者側だって「悪いな」と思っているはずです。

 それなのに給料については何も言わないことで、「こんなに安い給料で、こんなに働いてもらって、申し訳ない」と、上司に負い目を感じさせられれば、貸しをつくれます。そうすると、黙っていても、次は給料が上がるでしょう。

1 2

渡邉美樹の「快答乱麻」WEB版

バックナンバー

バックナンバー一覧へ