トップ > 今日の仕事のコツ ver2.0 > 企画や調査では「必要条件」と「十分条件」を考慮しよう

今日の仕事のコツ ver2.0ビジネス

企画や調査では「必要条件」と「十分条件」を考慮しよう(1/2ページ)

2008.08.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビジネスの常套句に「○○は必要条件だが十分条件ではない」という言い方がある。例えば「資金は必要条件だが十分条件ではない」というように。「必要条件」や「十分条件」といった数学や論理学の用語が出てくるので難しそうだが、単に「ほかにも必要なものがある」というだけのこと。特に「君が気がつかない条件があるのだ」といった含みがある。

 この常套句はその程度の理解で使いこなせるが、ここで「必要条件」と「十分条件」を整理して理解しておくと、企画や調査などに役立つ。

 「必要条件」と「十分条件」とは何か。数学では、命題「p⇒q(pならばq)」が真である時、「pはqであるための十分条件」であり、「qはpであるための必要条件」であると定義される。これで分かる人もいるが、たいていの人は分からない。

 pやqに文章を当てはめるとさらに分からなくなる。pを「ガソリンが自動車に入っている」、qを「自動車が走る」とし、「ガソリンが自動車に入っているならば、自動車が走る」を真とする。すると、「ガソリンが自動車に入っていることは、自動車が走ることの十分条件」、「自動車が走ることは、ガソリンが自動車に入っていることの必要条件」となる。ほとんど意味不明だ(ここで「それは悪い例だ」と分かる人は論理的なセンスがある)。

 「必要条件」と「十分条件」については、こう考えてみるとよい。「自動車を走らせるにはガソリンを入れておく必要がある」のだから、「ガソリンを入れておくこと」は「自動車を走らせること」の必要条件だ。しかし、ガソリンを入れただけでは自動車は走らない。ほかにも「ドライバーが免許証を持っている」といった必要条件もある。こうした必要条件をいくつか集めると自動車を走らせるのに十分な条件になる。必要条件が一定数集まると十分条件になる。

 もう一例挙げよう。こういう状況を想像してほしい。6教科があり、その内の4教科が合格点になると昇給するとしよう。さて、昇給するための必要条件はなんだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー