奥田弘美の「うつ」にならないためのメンタルヘルス講座

【2】自分の心の状態を把握しよう

「心の充電池」でエネルギーレベルのチェックを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回は、ストレス社会に生きる現代のビジネスパーソンにとって、心身のセルフケアをすることがいかに大切かについてお話しました。「セルフケアは、成功するための大切な仕事の1つ」ということを、ご理解いただけたと思います。

 今回から、具体的なセルフケアの方法を紹介していきます。自分で簡単にできる方法なので、ぜひご自身の日々のメンタルヘルスケアに役立ててください。

セルフケアの基本となる「心の充電池」

 心のセルフケアをする上で大切なのが「自分の心のエネルギーをチェックする習慣を持つこと」。しかし心の状態は目に見えず、数値化できないため、なかなか把握しづらいものです。

 そこで本コラムでは、自分の心の状態をチェックするために、心を充電池に例えてみます。図1をご覧ください。

 この「心の充電池」は私が考案した、セルフケアするための基本になるモデルで、いわば「心のエネルギーチェッカー」のようなものです。

図1:心の充電池

図1:心の充電池

 まず、心は充電式の電池だと考えてください。

 心の充電池の仕組みは、「心にストレスがかかるとエネルギーレベルが下がる。逆に、心にとって充電源になることをすると、エネルギーレベルが上がる」とイメージしてください。

 人は様々なストレスにさらされると、心の充電池のエネルギーを失います。ストレスによって緊張や不快感などが発生すると、それらに対処するために、心からはエネルギーが消費されます。図1のように、蛇口からエネルギーが流れ出ていくというイメージです。

1 2 3 4

奥田弘美の「うつ」にならないためのメンタルヘルス講座

バックナンバー

バックナンバー一覧へ