トップ > モチベーションを創る技術 > 【8】セルフコントロール能力を鍛える方法

モチベーションを創る技術ビジネス

【8】セルフコントロール能力を鍛える方法(1/4ページ)

「変えられることだけにエネルギーを注げ!」

2008.06.03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 皆さんはこんな経験をしたことはありませんか?

 バス停でバスを待っているのに、バスが定刻通りに来ない。このままではアポイントの時間に遅刻しそうで、焦って何度も腕時計を眺めたり、道をのぞき込んだりして、イライラする…。

 しかし、こんな時はどんなに焦ったところで、バスが来る時間は変えられません。イライラする暇があるのなら、バスが来るまでの間、雑誌を読んだりして待つ方が生産的です。

 「変えられないこと」にイライラして感情を乱し、エネルギーをそがれるのは無駄です。「変えられること」だけにエネルギーを集中するべきでしょう。

 そのためには、自分自身をコントロールして、変えられることと変えられないことを区別し、変えられることだけにエネルギーを注ぐという視点を持つことが大切です。

 この視点が、今回解説する「対自分力」を高めるためのポイントになります。

セルフコントロール能力の8つの分類

 対自分力とは、行動や考え方のセルフコントロール能力です。連載第5回 で解説したように、対自分力図1の8つの具体的なスキルに分類できます。

図1

図1

 対自分力においても、左右に並んだ2つの力は対極の関係で、どちらかが強いとどちらかが弱い。両方ともに強い人は希少な存在です。

 繰り返しになりますが、自分はどちらの力が弱いかを認識して、弱い方の能力を克服するように努めましょう。そうすることで、自分のバリューが格段に上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー