トップ > コラム > 潜在“脳力”を活かす仕事術

潜在“脳力”を活かす仕事術

脳が持つ潜在能力はまだまだ活用していないと主張する脳研究者の池谷裕二氏が、脳の側から見て、無理なく効率的な仕事の進め方とは何かを考察します。

プロフィール
池谷 裕二(いけがや・ゆうじ)
 東京大学大学院薬学系研究科准教授。1970年静岡県生まれ。記憶や発想など、脳の働きを分かりやすく解説することで定評がある。著書に『記憶力を強くする−最新脳科学が語る記憶...
詳しく見る
池谷 裕二(いけがや・ゆうじ)

 東京大学大学院薬学系研究科准教授。1970年静岡県生まれ。記憶や発想など、脳の働きを分かりやすく解説することで定評がある。著書に『記憶力を強くする−最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方』 『進化しすぎた脳』(ともに講談社ブルーバックス)、『海馬−脳は疲れない』(新潮文庫・共著)、『単純な脳、複雑な「私」』(朝日出版社)など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと見る

  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー