• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
日経マネーDIGITAL

企業価値検索サービスUlletを使いこなす!

個人投資家の強い味方、財務、業績分析支援ツール「Ullet」の使い方を、開発者である西野嘉之さんが解説します。企業4000社の決算書データは、ネット上で誰でも閲覧できる時代になりましが、膨大なデータの中から必要な情報だけを取り出して分析していくのは至難の業です。企業価値検索サービス「ユーレット」は有価証券報告書やニュースなどを自動収集し、円グラフなどで視覚的に比較分析できる便利なサイトです。

西野嘉之(にしの・よしゆき)
メディネットグローバル代表取締役、工学博士。
1997年慶應義塾大学理工学部卒。01年慶応義塾大学大学院博士課程理工学研究科修了(博士号を飛び級2年で取得)。00年度エリクソン・ヤング・サイエンティスト・アワード、第15回電気通信普及財団賞を受賞。01年に起業し、e-learningや医療関連のシステム開発などで業績を上げた。04年にメディネットグローバルを設立。07年に上場企業約4000社の企業価値をワンクリックで分析できるWebサービス『Ullet(ユーレット)』の提供を開始。
企業価値検索サービス「ユーレット」:http://www.ullet.com/

日経マネーメールマガジンの登録(無料)はこちら

日経マネーのムック&書籍紹介

  • 『ふるさと納税のすべてが分かる本 2017年版』

    11月22日発売(815円+税)

    昨年好評だった「ふるさと納税」ムックの2017年版が発売になりました。この本では、まだふるさと納税をやったことがないという人にも分かりやすく、寄付の仕方や、減税の仕組み、確定申告の手続きなどを解説。最新の返礼品も260品ご紹介しています。実質2000円の負担で様々な返礼品が貰えるこの制度、利用しないのは損です!

  • 『老後不安を解消!! 確定拠出年金(DC)をはじめよう』

    11月4日発売(1000円+税)

    老後資産づくりのノウハウがつまった一冊。2017年から誰でも使えるようになる「確定拠出年金(DC)」は、 “幸せ老後"を迎えるために欠かせない資産形成の道具です。その仕組みやメリット、活用テクニックを分かりやすく解説します。さらに、投資信託の積み立てや株式投資、外貨投資などの資産運用術について多方面からまとめています。

  • 『不動産で億万長者!』

    10月31日発売(1000円+税)

    不動産を活用した資産形成の本。「都心部・地方」「新築・中古」「一棟・一室・戸建て」と分け、それぞれの投資法の長所と注意点を分析。どの最寄り駅の物件がいいのかを選ぶ参考として「200駅 三大都市圏中古マンション利回りマップ」「家賃が下がりにくい駅 80駅」と保存版データを掲載。さらに「海外不動産投資」「REIT・不動産クラウドファンディング」など。

  • 『退職までやっておくべきこと!サラリーマンの為の退活読本』

    9月2日発売(1000円+税)

    なんとなく定年が気になってきた世代のサラリーマンが抱く疑問に答える1冊。50代で早期退職したら年金や退職金はいくら減る? サラリーマンOBは受け取った退職金をどうやって使っている? おひとり様はどんな老後準備をしておけばいい? 定年後の移住はどんな感じ? 60歳以降も働くとしたらどんな仕事でいくら稼げる?などなど、ちょっと気になるサラリーマンの定年後の生活を豊富な事例を交えながら紹介。

  • 『間違いだらけの相続&贈与』

    8月3日発売(926円+税)

    日経ビジネスとの共同ムック。2015年から相続税の大増税が行われ、課税対象になる一般家庭も増えています。しかし、間違った相続税対策も多く、それでは却って損をしかねません。「腕利き税理士&弁護士が教える賢い相続」など、このムックで正しい対策を知り、今すぐ始めましょう。

  • 『国債が暴落しても長期投資家は平気だよ』

    4月21日発売(1500円+税)

    日本国債はバブルとも言われる高値続き(利回りは低下)で、いつ暴落してもおかしくないと言われています。万一そうなれば経済の大混乱は避けられませんが、株式に長期投資していれば乗り越えられる、と澤上篤人さんは説きます。第2部ではさわかみファンドCIOの草刈貴弘さんが、サバイバルに役立つ銘柄選びの方法を伝授します。