• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

創生する未来

特集

「小さな国際都市」を目指す仙北市──若者が達成する未来(後編)

近未来技術実証特区に選定された仙北市は、話題のドローンを活用した市場創造で若い人をこの地に引き寄せることを狙っている。そして最終的には仙北市を、シリコンバレーのようなドローンバレーにする構想だ。

特集

「小さな国際都市」を目指す仙北市──若者が達成する未来(前編)

無くなりつつある地方都市では、本質的な経済の巻き返しや地元の人の流出を防ぐような、より根治的な施策を打つ必要があるはずだ。今回はその秘策を打ち出した仙北市長にインタビューしてきた。わらび座の記事で「文化を産業(お金)にする」と言った当人である。

特集

「わらび座」が、地元秋田の救世主になる日(後編)

設立当初のわらび座は芸術活動に純粋なあまり、団員(社員)の経済面・生活面など、そして企業体としての安定的な均衡を欠いており、そのため一時期は倒産の危機にまで陥った。その状態を立て直すために行ったことは、収益を安定させるための事業多角化だ。

特集

「わらび座」が、地元秋田の救世主になる日(前編)

全国で数多くの自治体が消滅の可能性を指摘される中、秋田県はその代表格として知られる。秋田は、資源や産業や文化などの面を見れば、むしろ潜在的には豊かといえる。なぜ、それらをうまく生かした展開ができないのか? そんな秋田県に、注目すべき活動を行っている劇団がある。

モノと道具を再構築する

企業の成長に欠かせない切り札、インサイドセールスで売上アップ!

前回は、四国の人材派遣・紹介会社のクラウドSFAの事例について紹介した。今回は、最近注目を浴びているマーケティングオートメーション(MA)にも関係がある「インサイドセールス」について紹介しよう。

モノと道具を再構築する

効率的なクラウドSFAで四国の人材派遣・紹介を支えるアビリティーセンターの取り組み

前回までは四国最大の地方都市・松山が抱える問題を考えてきた。今回から2回にわたり、ICTの力で地元を元気にしているベンダーや、クラウドを活用して自社の業務効率化に成功した企業について紹介する。

特集

優秀な人材を呼び込む「変則Iターン」で地方活性化を狙う

今回は、松山商工会議所に商工活性化の立場から、ITに関する企業支援や人材発掘などの取り組みについて話を伺った。松山商工会議所は明治15年に設立され、130年を越える歴史がある団体だ。これまで企業経営の支援や実務的なサポートのほか、地域活性化、産学連携の取り組みなどを実施してきた。

特集

松山がなくなる日!? 危機感を覚える地方自治体のいまを追う

観光都市として栄え、商用施設が充実した松山市は、「ほどよく都会」で「ほどよく田舎」の“コンパクトシティ”と言えるだろう。ところが実際には他の地方都市と同様に、目を背けられない深刻な問題に直面しており、行政側も非常に強い危機感を募らせているのだ。

特集

就業機会とコミュニティーを並行して育む──横須賀市の例から

商工会議所がこの実証実験に参加した背景には、横須賀市の課題となっている「転出超過人口の歯止め」や、全国規模での課題となっている「女性の活用」といった理由が挙げられる。さらに注目したいのは「子どもが主役になれるまち」という都市イメージの創造発信に関する取り組みを連動させている点である。

特集

首都近郊の都市で起こっている人口問題──横須賀市の例から

神奈川県横須賀市の中心部である京浜急行線・横須賀中央駅を降りると、平日の日中にもかかわらず多くの人が街を歩いている。そして、駅前の街並みにも活気を感じる。この風景を見ると、いま横須賀市が抱えている問題を微塵も感じさせない。横須賀市が抱える課題。それは、人口減少だ。

特集

テレワークは地方の人口を支えてゆくか──松本市の例から

松本商工会議所 情報事業部長の米窪英人理事は、「雇用創出のアイデアはあっても、それをどう具体化していくのかという点で頭を悩ませていた。今回の横須賀・松本商工会議所地域連携モデルは、その点でも良いきっかけになった」と語る。

特集

地方都市の未来を創る手立ては何か──松本市の例から

あずさ号が新宿駅を出て、約2時間30分。信州の山々を見ながらの車窓を十分に楽しんだところで、列車は松本駅に到着する。「新幹線があれば……」と思うこともあるが、それは短時間での移動を求める場合の考え方。発想を変えて、信州の山々の風景を楽しもうとすれば、この2時間30分は苦痛にはならない。

特集

地方に仕事を! 地方に企業を! 地方に人を!

連載のこのシリーズでは、地方創生という大義を実現するための第一歩として、実証地域となっている松本市と横須賀市を通し、地方の今まで、そして地方のこれからを伝えていきたい。

モノと道具を再構築する

「クラウドサービス認定プログラム」第1号認定サービスを公開

編集部より、お知らせです。5月27日の記事でご案内しました「クラウド認定プログラム」(主催:一般社団法人クラウドサービス推進機構)は、第1回として9つのクラウドサービスを認定しました。

モノと道具を再構築する

「クラウドサービス認定プログラム」応募締切迫る 5月31日まで

「小さな組織の未来学」が「地域支援プロジェクト〜創生する未来」で連携している一般社団法人クラウドサービス推進機構は、クラウドサービスを審査・認定する「クラウドサービス認定プログラム」を発足しました。

特集

未来は中小企業のために、そして日本のために 「創生する未来」レポート

「地域支援プロジェクト~創生する未来~」事業の発足イベントが2014年12月5日「TIP*S(ティップス)」で開催された。このイベントがこのスペースで行われたのは何かの啓示としか言いようがない。

特集

首都圏に近い小さな自治体「富士見町」の課題と挑戦(後編)

少なくとも地域が自律的に機能するには、地元の人、企業、共同体が主体となって起動しなくては、継続的に事業を進めることは難しいだろう。

特集

首都圏に近い小さな自治体「富士見町」の課題と挑戦(前編)

新宿からの特急あずさに揺られて2時間あまりで到着する富士見町駅。特に観光地といった雰囲気もない地方都市の、まさにローカルな駅のたたずまいである。

特集

「創生する未来」へ──地域における中小企業の頑張りが日本を再生させる

脚光を浴びている「地域創生」というキーワードも実は新しくて古い根源的なテーマだ。そして2014年は何回目かの地方の再生・創生が脚光を浴びている時期となっている。

プロフィール

創生する未来

《創生する未来とは何か?》「創生する未来」とは、ノークリサーチが提唱する地域支援のための活動です。地域自治体、地域経済団体、大学などと連携し、地域のITを提案する企業、ITを活用して事業の推進・拡大を目指す地元企業に向けて、IT/クラウド/IoTなどの最新技術をツールとしたセミナーなどの企画、運営、実行する事業を行います。また、調査やコンサルティングも行いながら、地域におけるITの認知、啓蒙、活用による地域企業を支援し、それによる地域活性化を目標としています。