• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

社長の処方箋

人を組み替える

零細企業、及第点は捨てていい

20人規模の町工場でありながら、全国47都道府県に1600社以上の取引先を持つ、群馬県のばね専業メーカー・中里スプリング。中里良一社長に零細企業が生き抜くための心得を聞きました。

人を組み替える

「手抜きをさせない」という発想はズレている

「手抜き」なんてまず許されなさそうな製造業。しかし、「手抜き」をした方が良い結果をもたらす可能性があるとしたら……? 20人規模の町工場でありながら、全国47都道府県に1600社以上の取引先を持つ、群馬県のばね専業メーカー・中里スプリングの中里良一社長に「手抜きの効果」を聞きました。

人を組み替える

「運が悪い」と言う人は「運が悪い」人が好き

全国から取材や講演の依頼が相次ぐ中小企業の経営者は、「運」というものをどのように考えているのでしょう。20人規模の町工場でありながら、全国47都道府県に1600社以上の取引先を持つ、群馬県のばね専業メーカー・中里スプリングの中里良一社長に聞きました。

カネを活かす

下請けは一番ラク。儲からなくて当たり前

2週間にわたりお届けしてきた本特集。最後に登場するのは、群馬県のばね専業メーカー・中里スプリングの中里良一社長。20人規模の町工場でありながら、全国47都道府県に1,600社以上の取引先を持ち、その型破りなマネジメント手法に全国から取材や公演の依頼が相次ぐ中里社長に、「町工場の価格交渉」を聞いた。

特集

ニッチな商材を急成長させた、巧妙な“こだわり”

水タバコ専門店「チルイン」は、たった3年で都内に3店舗を出店し、さらに2店舗を計画中という。その成長は、ニッチな商材に適した接客や、インターネットでも先陣を切る普及活動など、若手社長による巧妙な戦略が実を結んだものだ。

特集

酒・フード持ち込み自由! それでも利益が出せるビジネスモデル

「水タバコ」専門店を立ち上げたチルインの杉山祐社長は、業界の常識をあっさりと切り捨てた。目先の利益に踊らされず、自社の優位性に徹底した大英断は、膠着状態に陥った会社経営へのヒントになるはずだ。

特集

大手が手を出したがらない無敵のニッチ商材

インドや中近東で親しまれている「水タバコ」の専門店を立ち上げたチルインの杉山祐社長。異業種からの挑戦にも関わらず「水タバコ」に商機を見出し、ビジネスチャンスをつかんだ。

特集

「日本一楽しい会社」を目指す

現在では全国から取材が相次ぐようになった中里スプリング。しかし38年前のある日、東京の商社で働いていた25歳の中里良一氏は、電話越しに創業社長である父親から「会社が倒産寸前だ」と告げられた。

特集

なぜ“好き嫌い”で経営ができるのか

中里スプリングの中里良一社長は、型破りな経営手法で全国から取材や公演の依頼が相次ぐ。中でも目を引くのが「取引先の基準は好き嫌いで社員が選ぶ」という“好き嫌い経営”だ。その真意を聞いた。

特集

給料は振り込みにしない 自分で現金を数えて手渡しで

型破りなマネジメント手法に全国から取材や公演の依頼が相次ぐ中里スプリングの中里良一社長に、古き良き給料の渡し方に込められた哲学を訊いた。

特集

「良い人材が欲しい」は寝言

全国から取材や公演の依頼が殺到する中里スプリングの工場が建つのは、群馬県高崎市に隣接した甘楽郡。辺りには一面、田畑が広がる。創業以来変わらない土地に建つ工場で、中里良一社長から人材についての考え方を訊いた。

特集

従業員数は28人以下と決める

群馬県のばね専業メーカー、中里スプリングの中里良一社長。「名物社長」という言葉がこれほど似会う人もいないだろう。中里社長が語る経営のヒントとは。

特集

「女性経営者」を自信に変えたリヤドロ陶器

「社員にも言ってるんですけど『でかいことは言う』。嘘は言わないですが、とにかくめちゃめちゃでかいことは言う」

特集

人が辞めない組織づくりは「交換日記」から

自由に書く交換日記から、社員の能力と性格が見えてくる…小さな組織の女性社長ならではの「不思議なほど辞めない」組織の工夫。

特集

町工場の「考えるものづくり」、大切なのは管理しないこと

限られたリソースで結果を出さなければいけない町工場で大切なのは、考える時間。「考えるものづくり」で、カッコいい「ザ・町工場」を目指す!

特集

「リストラはもうしない」2代目社長、就任10年で見えたもの

「リストラというのは経営者にとっても一番つらい選択。それができないなら、おそらく次に起こる難題も乗り越えられない」2代目女性社長が下した、最初で最後の決断。

特集

経営者、自信がなければ「原理原則」

「創業者のオーラやリーダーシップは2代目にはない。ならば原理原則に立ち戻る」。2代目女性社長が語る、2代目の処方箋。

プロフィール

社長の処方箋

各界の専門家、経営者が、実戦で培ってきたノウハウを提供する一編一解決のコラム。視点・習慣・道具・技術などを切り換えれば、結果が変わる。