• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中田 考

人を組み替える

「価値観の違い」は問題ではない──イスラームが教える共存の作法

昨今の世界情勢からは、価値観や文化的背景の異なる人々が共存することは、簡単でないように感じます。ユダヤ教やキリスト教といった異なる宗教と向き合ってきたイスラームはこれをどう考えてきたのか。聖典クルアーンにみえるイスラームの智慧を、中田考さんに聞きました。

人を組み替える

書類では決まらないイスラームの「信用」

イスラームでは、所属する集団といえばまず家族であって、その他の組織の存在感は希薄です。宗教と聞くと、日本では組織的な「宗教団体」を思い浮かべる方が多いかと思いますが、イスラームには聖職者だけでなく、キリスト教における教会のような組織も存在しません。

モノと道具を再構築する

「ハラール認証」に頼らない「ムスリムフレンドリー」なビジネスのあり方

ムスリムを相手に商売をしたい日本の企業や生産者には、ハラールであるかどうかは書かず、ただアラビア語やアルファベットで原材料を記載し、肉を含む場合はその産地を明記することをお勧めします。

モノと道具を再構築する

イスラーム相手の商売をする前に知っておきたい「ハラール認証」の話

最近、日本でも飲食業などで「ハラール認証」という言葉をよく聞くようになりました。イスラームでは豚、酒、死肉を口にすることが禁じられています(これらの食品を「ハラーム」と呼びます)。それに対し「ハラール」はイスラームで「許されたもの」のことです。

カネを活かす

ラマダーンは財布の紐がゆるんで当たり前

断食のイメージの強いラマダーンですが、よく知ると実は商人の宗教としてのイスラームの特徴が満載です。

人を組み替える

ムスリムはなぜ約束を守らないように見えるのか

「インシャーアッラー」が、ムスリムのいい加減さを示す言葉として紹介されているのをよく目にしますが、本当は全く逆の意味なのです。

カネを活かす

割り勘は損な取引(2)

「来世」の概念を度外視しても、互いに奢りあうことには合理性がある!?

カネを活かす

割り勘は損な取引(1)

イスラームで割り勘をしないのにはこれだけの理由があります。

カネを活かす

使った金だけが財産だ。人生は「無限回繰り返しゲーム」(2)

人生は取引が何回もある繰り返し型のゲーム。余裕のある者が困った者を助けるという協調行動を取ることが経済合理性を有しうる。

カネを活かす

使った金だけが財産だ。人生は「無限回繰り返しゲーム」(1)

どれだけ稼ぐか、どれだけ貯めるかではなく、今自分の持っているお金を何に使うか。

カネを活かす

なぜイスラームの神は商人の言葉で語りかけたか(2)

イスラームが定める商売の倫理、そのルーツがみえてくる!

カネを活かす

なぜイスラームの神は商人の言葉で語りかけたか(1)

利息禁止、手持ち現物貨幣主義、債権による債権の売買禁止…イスラームで商売の倫理が細かく定められている理由とは!?

カネを活かす

資産を金(きん)に変えてみる

現代資本主義のお金は純粋な記号。流動性が高まったようでいて帳簿上で「空回り」しているだけ…異文化の視点から現状突破のヒントを。

カネを活かす

自分のお金は手持ち現金のみと考える

マネーゲームはおろか紙幣の価値も認めないという、日本の常識からかけ離れたイスラーム社会の経済を読むことで、自分の経済感覚を省みることができます。

カネを活かす

「ある時払いの催促無し」案外合理的なイスラーム式お金の貸し借り

「困窮者に生活費を貸すのと、事業の資本金を貸すのは別の経済現象」。イスラームの専門家による新連載!異文化圏の視点から経営を考えます。

プロフィール

中田 考 (なかた こう)

1960年岡山県生まれ。株式会社カリフメディアミクス代表取締役社長/同志社大学高等研究教育機構客員教授。専門はイスラーム法学・神学。1986年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。1992年カイロ大学大学大学院文学部哲学科博士課程修了、博士号取得。在サウディアラビア日本国大使館専門調査員、山口大学教育学部助教授を経て、2003年から2011年まで同志社大学神学部教授を務める。2011年よりアフガニスタン平和開発研究センター客員上級研究員。2013年株式会社カリフメディアミクス設立。著書に『一神教と国家』(集英社新書・内田樹との共著)、『イスラームのロジック』(講談社)など。