トップページリワーク医療機関に聞く「復職するのはあなた」を合言葉に、休職者、事業主、主治医の三者をコーディネート
第2回(2回連載)
Good Doctor NET AGING Web 宇治おうばく病院 うつ病~こころとからだ 話してみよう うつの痛み うつ病・認知症コンソーシアム 冊子バナー 特別協賛:シオノギ製薬 ココ朗くん

「復職するのはあなた」を合言葉に、休職者、事業主、主治医の三者をコーディネート
第2回(2回連載)

2014.04.01   構成:21世紀医療フォーラム取材班 但本結子
文責:21世紀医療フォーラム事務局長 阪田英也

東京障害者職業センターのみなさん
東京障害者職業センターのみなさん

高齢・障害・求職者雇用支援機構では、全国の地域障害者職業センターでリワーク支援を展開している。同センターでは、復職を目指す休職者、事業主、主治医の三者のコーディネートを重視し、企業からの依頼も増加している。 連載2回の2回目は、再発予防のストレス対策とその成果などについて、東京障害者職業センターに話を聞いた。
(構成:21世紀医療フォーラム取材班 但本結子 文責:21世紀医療フォーラム事務局長 阪田英也)

自己理解を深めるチェックシート。
復職時に企業に提出も

再発予防においてストレス対策は重要であり、その対策として自己理解のプログラムが有効となる。その自己理解のために活用しているツールの1つが「幕張ストレス疲労チェックシート」だ。これを用いると、復帰に当たり自分の状態や現在できることなど、重要項目が確認できる。プログラム開始前から定期的にチェックし、その変化を本人とリワークカウンセラーが確認して、現状と課題、改善した内容を共有する。リワークカウンセラーは、チェックシートの効果をこう述べる。

「興味深いのはリワーク開始前の面談で、できているに○をつけていた人が、プログラムが始まり職場に戻るという現実的な視点で評価を見直した時に、『どちらとも言えない』や『できていない』に変わることです」。

できていると思っていたが、実はまだまだだったと本人が気づきチェックをし直す。リワークカウンセラーは状況を踏まえた上で、問題解決に向けた取り組みを助言する。その結果、職場復帰で通用するレベルの○に持っていくことが可能になる。

■ 回復状況チェック表

さらに、取り組みの経過が目に見える形で残るため、この記録をリワークの成果として企業に示す資料にすることもできる。