トップページシンポジウム「メンタルヘルス・シンポジウム2013 東京」開催のお知らせ
Good Doctor NET AGING Web 宇治おうばく病院 うつ病~こころとからだ 話してみよう うつの痛み うつ病・認知症コンソーシアム 冊子バナー 特別協賛:シオノギ製薬 ココ朗くん

「メンタルヘルス・シンポジウム2013 東京」開催のお知らせ

リワークを支援するさまざまな機関。上手な使い分けを

2013.04.09   21世紀医療フォーラム「うつ病リワーク推進協議会」

2013年5月26日(日)、東京 イイノホールにて、21世紀医療フォーラム、うつ病リワーク推進協議会による主催で、「メンタルヘルス・シンポジウム 2013 東京 リワークを支援するさまざまな機関。上手な使い分けを」を開催します。

リワーク支援機関の違いを理解し
上手に活用してリワーク成功へ導く

近年、うつ病などの精神疾患で休職する就労者が急増しており、中でも20~30代の若年層で増加しています。一方で、うつ病患者のリワーク(復職)は、患者本人へのリワーク支援の方法や患者を受け入れる職場環境などに問題があり、必ずしもうまくいっていないのが現状です。

うつ病に罹患した人でも、社会復帰が可能なシステムをつくり、リワークを成功させる。「メンタルヘルス・シンポジウム 2013 東京 リワークを支援するさまざまな機関。上手な使い分けを」は、このテーマのもと、医療機関や全国の障害者職業センター、民間EAPなど、それぞれのリワーク機関の違いを理解し、上手に活用してもらうことを目的に開催します。

開催概要
日 時 2013年5月26日(日)13:30~17:00 (開場13:00)
会 場 東京 イイノホール / 定員500名
東京都千代田区内幸町2-1-1
TEL. 03-3506-3251
入場料 入場無料 (事前にお申し込みが必要)
主 催 21世紀医療フォーラム「うつ病リワーク推進協議会」(日経BP社)
共 催 一般社団法人 うつ病の予防・治療日本委員会(JCPTD)
特別協賛 塩野義製薬株式会社
プログラム
ご挨拶
国立精神・神経医療研究センター理事長・総長 樋口 輝彦 氏
基調講演
東洋英和女学院大学教授 横浜尾上町クリニック院長 山田 和夫 氏
講 演
「医療機関におけるリワーク・プログラム」
医療法人榎会 榎本クリニック院長 深間内 文彦 氏
「障害者職業センターにおけるリワーク支援」
東京障害者職業センター リワークカウンセラー 宮下 薫 氏
「民間EAPでのリワーク活動」
メディカルケア虎ノ門 事務長・デイケア所長
メンタルヘルス・リサーチ&コンサルティング 社長 福島 南 氏
「厚生労働省の復職支援」
厚生労働省職業安定局 高齢・障害者雇用対策部
障害者雇用対策課地域就労支援室補佐 竹中 郁子 氏
「企業、産業医からみたリワーク機関利用の仕方」
日本精神保健福祉連盟 常務理事 大西 守 氏
休憩
パネルディスカッション
「リワークを支援するさまざまな機関。
 上手な使い分けを」

座長:メディカルケア虎ノ門 院長 五十嵐 良雄 氏
パネラー:
深間内 文彦 氏、宮下 薫 氏、福島 南 氏、竹中 郁子 氏、大西 守 氏
総合司会:南 美希子 氏(フリーアナウンサー:元テレビ朝日アナウンサー)

詳細ページはこちら